無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

334
2021/01/15

第4話

恋🥀






_____________________






この瞬間





普通とは違う、微かな風が吹いた気がした。





























達成感に溢れた笑顔と


























































彼の頬を伝う汗が























太陽と重なって





























一段と輝いて見えた。





































そんな彼を____
























好きになってしまった。