無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

♡ℒฺℴฺνℯฺ♡
もう、何が何だか分からなくなってきた
山田くんの爺さんの元親友が〝闇の悪魔〟のリーダーって事?
あなた

リーダーって事なの?

山田涼介
あぁ
山田くんの短い返事
やっぱりそうなんだね…
あなた

〝闇の悪魔〟って何人ぐらいの組織か分かる?

山田涼介
俺が知ってる中だと…5千人
校長先生
…え
あなた

…うそ

そんなに大きな組織だとは思ってなかった
勿論、おじいちゃんもだろう
私達三人の会話を聞いてる者はもういない
お互いの家族が、仲良く世間話をしているから
ちょっと、今日は会議なんでしょ?
真面目に参加してよ…
その思いは届くはずもなく、それからも三人だけの会話となった
校長先生
いい情報も得られたし…今日は解散じゃ
おじいちゃんの言葉で私達はそれぞれの帰路についた