第6話

🥀
708
2019/09/01 06:49
あなた

シルク〜ごめんn…

私は彼に近づくや否や、手首を引っ張られ、抱きしめられた。
あなた

シルク…?

シルク
シルク
ごめんな…俺、お前のこと守れなかった。
シルク
シルク
守るって約束したのに、ずっと辛い思いしかさせてこなかった…
シルク
シルク
ほんとに、ごめん…
あなた

もー何言ってんの?

あなた

私は大丈夫だから。

シルク
シルク
いっつも、私は大丈夫って…
シルク
シルク
少しは頼ってくれよ…マサイとなんかあったんだろ?
シルク
シルク
教えて、くれるか…?
あなた

うん…

そう言って辛い過去を全て話した。
泣いていても、慰めてくれた。
シルク
シルク
そんなことが…ひでぇな…。
シルク
シルク
ごめんな…
あなた

もう、謝らないで?

シルク
シルク
っ…でも俺が悪いんだ。
あなた

悪いのは、マサイだから。

シルク
シルク
足が治ったら、マサイと話に行こう。いいな?
あなた

うん。

やっぱシルクのことが好きだ。

プリ小説オーディオドラマ