無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

天使病の2人withモトキ4
月日がたち…

「ねぇ知ってる?」

「ここの病院の○○号室の窓をクリスマスの時に見ると二人の天使が見えるって噂」

「えー、何それーw」

「それをみたカップルは永遠に幸せになれるって言うらしいよ〜」

「じゃあ今度彼氏と行こ〜(笑)」

2人の女子高生の話を1人の女性が聞いていた

「どうしたの?」

1人の髪が長い男がその女性に聞く

「うーん…なんか知ってるような気がして…」

「俺達の前世だったりw」

女性のペンダントと男のペンダントがキラリと光った

「…そうかもね」

2人は指を絡ませてその場を後にした

その日、
2人の天使を見たとか見なかったとか