無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

557
2020/07/23

第2話

木全くんが気になる2















昼休み














もも
もも
あ 、お弁当忘れた!
You
You
えぇ どうするの
もも
もも
購買行って買ってくるね!
You
You
わかったー















金城くん
金城くん
しょーやー
木全
木全
金城くん
金城くん
しょーや!
木全
木全















え 、何 無視してるの?














えー 引くわー














金城くん
金城くん
木全
木全
木全
( 振り向く
金城くん
金城くん
お昼食べよ
木全
木全
( 頷く















反応したって事は














さすがに無視してる訳じゃないか














もも
もも
ただいまぁー
You
You
おかえり
You
You
混んでた?
もも
もも
うん 結構多かった















木全がそんな人混みの中に入ったら














もみくちゃにされて どっか行っちゃいそう(














You
You
ふふっ
もも
もも
え 、何いきなり笑ったの?
もも
もも
もも 何か変なことしてた?!
You
You
あ 、いや別にそういう訳じゃないんだけど
もも
もも
そっか 良かった〜
You
You
ごめんごめん 笑















何を想像しているんだ 自分














脳内の木全 消えろ!!! ←














…よしOK (((














next ↪