無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

緑は燃えるだろ? 3
そんなこんな話してる間に飛行機は目的地に着いたようだ
信条 未那
信条 未那
おー、ここか〜
信条 綺羅
信条 綺羅
自然豊かな場所だな
信条 未那
信条 未那
だね
そう話しながらわたし達は飛行機を降り、手続きをする
信条 綺羅
信条 綺羅
ねえねえ、彼から対価をもらうときさ〜お金以外に何が欲しい?
信条 綺羅
信条 綺羅
人を想う心?w
信条 未那
信条 未那
違うな〜
わたし達は特殊能力を持っている

綺羅は人の感情を奪うことができる
発動方法→相手に触れた状態で念じるもしくは、言葉にする

わたしは身体の機能を奪うことができる
発動方法→奪いたい機能と相手の名前を言う
まあ、この能力を使うときってのは2パターン

1、相手が変わりたいと心から思ってるときに補助的な役割として

2、私利私欲で仕事を依頼してきた奴らに対価として
信条 綺羅
信条 綺羅
じゃあさ、何が欲しい?
信条 未那
信条 未那
気弱な心かな?
信条 綺羅
信条 綺羅
あーな
信条 未那
信条 未那
ほら、そんなこと話してないで早く行くよ
信条 綺羅
信条 綺羅
はーい
わたし達は新波高校の寮へと急いだ
荷物が重くてぴえん