無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

緑は燃えるだろ? 4
荷物が重くてぴえんだったので、綺羅と交換してもらいました
信条 未那
信条 未那
着いた〜
信条 綺羅
信条 綺羅
だな…
信条 未那
信条 未那
荷物、ありがとね
信条 綺羅
信条 綺羅
いえいえ、流石に女子に重いもの持たせるとか俺のプライドが許さねぇよw
信条 未那
信条 未那
そう?
信条 綺羅
信条 綺羅
ああ
にしても、ここの高校本当に大きいです

流石有名高校

新波高校
信条 未那
信条 未那
さ、職員室に向おうか!
信条 綺羅
信条 綺羅
だな!
職員室☆
あ、今日は休日です

明日から学校です
担任の先生だけ今日来てくれてます

時間外労働お疲れ様です←おい
コンコン
信条 未那
信条 未那
転入生の信条 未那と
信条 綺羅
信条 綺羅
信条 綺羅です
先生
どうぞ
信条 未那
信条 未那
失礼します
信条 綺羅
信条 綺羅
失礼します
ガラガラ
佐加野 櫂
佐加野 櫂
初めまして
佐加野 櫂
佐加野 櫂
佐加野 櫂です
君達の担任をします
ストン
そう言うと先生は眼鏡を外した
佐加野 櫂
佐加野 櫂
君達が加賀君が言ってたのは君達かな?
信条 未那
信条 未那
貴方は、加賀君の何を知ってるんですか?
佐加野 櫂
佐加野 櫂
ハハッw他の生徒には秘密だよ?
佐加野 櫂
佐加野 櫂
僕は加賀君の相談者で全てを知っていて、それなのに彼を助けてあげられない弱虫な人間だよ
信条 綺羅
信条 綺羅
ちなみに翔君から僕達のことはなんと聞いてますか?
佐加野 櫂
佐加野 櫂
『僕を助けてくれる優しいお姉さんとお兄さん』
信条 未那
信条 未那
ん?
信条 綺羅
信条 綺羅
え?
信条 未那
信条 未那
わたし達の方が翔君より年下ですよ?
佐加野 櫂
佐加野 櫂
え?
信条 未那
信条 未那
わたし達年齢は高1ですよ
佐加野 櫂
佐加野 櫂
んん??
信条 綺羅
信条 綺羅
こうやって仕事はしてるけどなw
信条 未那
信条 未那
能力の有効利用ですよ
佐加野 櫂
佐加野 櫂
は、はぁ…
信条 未那
信条 未那
ま、引き受けた依頼はきちんとこなしますのでご安心を
信条 綺羅
信条 綺羅
翔君は俺らが助けますから
佐加野 櫂
佐加野 櫂
信じて、いいんですね?
信条 未那
信条 未那
はい
信条 綺羅
信条 綺羅
もちろん!
信条 未那
信条 未那
あ、でも
佐加野 櫂
佐加野 櫂
でも…?
信条 未那
信条 未那
最初はいじめっ子のフリをします
信条 未那
信条 未那
情報収集のために
信条 綺羅
信条 綺羅
それは、理解しておいてくださいね
佐加野 櫂
佐加野 櫂
はい
佐加野 櫂
佐加野 櫂
加賀君を助けてあげてください
信条 未那
信条 未那
先生も協力してくださいよ?
佐加野 櫂
佐加野 櫂
はい!僕が出来ることはなんでも
信条 綺羅
信条 綺羅
じゃあ取り敢えず、寮に案内してください
佐加野 櫂
佐加野 櫂
あ、そうですね
佐加野 櫂
佐加野 櫂
お2人は加賀君と同じ部屋になっています
信条 未那
信条 未那
翔君からききました
信条 綺羅
信条 綺羅
櫂先生〜荷物運ぶの手伝ってくれると嬉しいです!
佐加野 櫂
佐加野 櫂
あ、いいよ
フワッ
佐加野 櫂
佐加野 櫂
え…?
鞄の隙間から落ちたのは…
佐加野 櫂
佐加野 櫂
この女の子…誰かな?
というか…君達じゃないよね?
うつってるの
行く前に藍ちゃんと撮った家族(???)写真だった
信条 綺羅
信条 綺羅
あー…
こういうとき俺は頭が回らない…
信条 未那
信条 未那
それは、翔君にも話すので、部屋に連れて行ってください
佐加野 櫂
佐加野 櫂
…分かったよ
あー、完全にやらかした☆