無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

No.3 左馬刻side
左馬刻side
碧棺左馬刻
チッあなたが居なくなって数日たってる…
また観音坂独歩のとこにいるのか
入間銃兎
またあなたに逃げられたんですか…
碧棺左馬刻
別に逃げてるわけじゃねぇよ…
入間銃兎
そうですか
入間銃兎
探しに行きます?
毒島メイソン理鶯
それならば小官も手伝うぞ
碧棺左馬刻
じゃあ車出せ
持つべきものはいいメンツだな
入間銃兎
まず観音坂くんの所に行きますか
碧棺左馬刻
ああまたいるかもしんねぇ
家の前に着く

インターホンを押した
伊弉冉一二三
どっぽちんが今傷心中なんで帰ってもらっていいっすか?
碧棺左馬刻
あなたは、あなたを隠してんじゃねぇのか
伊弉冉一二三
それならこっちが聞きたいっすよ
いきなり出ていってそれきりなんす
影からふらりと人が出てきた
観音坂独歩
あなたさんが行ってるならお兄さんのところです…
伊弉冉一二三
どっぽちん!
碧棺左馬刻
あいつの兄はな、とんでもねぇやつだぞ
観音坂独歩
そうじゃないです…近所に住んでたらしい
碧棺左馬刻
あなたが言ってたな
毒島メイソン理鶯
そいつの名前はなんなんだ
観音坂独歩
それを俺達で探してたんですけど…
碧棺左馬刻
探しに行くぞ
毒島メイソン理鶯
邪魔したな
車に乗って一帯を探した
入間銃兎
流石にないと思いますが…最後シブヤ回りますか
碧棺左馬刻
夢野幻太郎がいるから戻ってるとは思えねぇ
毒島メイソン理鶯
見る価値はあるんじゃないか
シブヤを回る
観音坂独歩
あれはあなたさんじゃないか
そこには夢野幻太郎や飴村乱数、有栖川帝統と話しているあなたがいた

話してる内容に耳を澄ませる
有栖川帝統
なんでそんな上手くいってるんだ?
夢野幻太郎
それはですねぇ…
あなたと夢野幻太郎の経緯を全て聞いた
碧棺左馬刻
帰るぞ…
入間銃兎
いいんですか
碧棺左馬刻
別に諦めるとは言ってねぇぞ?あなたは一時の幸せを感じてればいい
毒島メイソン理鶯
また取り返しに行くのか
どうしたらいいか分からなかった


このまま話さずにあなたに幸せな日々を送らせるか、理鶯の質問に答えることは出来なかった