無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

75
2021/03/25

第2話

1話
ころんsibe
僕はころん。
僕の彼氏は...あの子と浮気をしているのだ。
その彼氏っていうのが...
さとみくん
(携帯見てる)
そう、これが僕の彼氏
僕が居るのに携帯ばっかいじってさ...
少しくらい構ってくれたっていいじゃんか...
こうなったら誘ってみるしか...
ころんくん
ね、ねぇ、さとみくん
さとみくん
ん。
ころんくん
そ、その...今日...ヤりたいな...///
さとみくん
無理。
ころんくん
ッ...そっか
ねぇ皆見た!?
これほんとに彼氏って言えるのかな...
はぁ...
告白してきたのはさとみくんだったのに...
〜回想〜
ころんくん
よし、早く帰ってゲームしよーっと!
そう言って僕は靴を履こうと靴箱を開けた。
そこには1つの手紙がある。
もしかしてこれってラブレターってやつ!?
ころんくん
開けてみるか。
ペラッ
手紙を見た。
そこには
放課後、屋上に来てください。
と、書いてあった。
ころんくん
えぇ...僕早く帰ってゲームしたいのに...
ころんくん
まぁ行くか〜
屋上
そこに居たのはクラスメイトの人気者だった。
ころんくん
僕呼び出したのって君?
さとみくん
そう。
ころんくん
まぁそれは置いといて、僕を呼んだ理由は?
さとみくん
えっと...ころんの事がずっと好きでした、俺と付き合ってください。
え、は、ん?
もう1回なんて言ったか聞こう。
ころんくん
今なんて言った?
さとみくん
だ、だから、ころんの事がずっと好きでした、俺と付き合ってください。
やっぱ聞き間違えじゃなかった()
え、なんで僕なんかに...
さとみくん
へ、返事は明日くれたらいいから!
さとみくん
じゃあなッ
ガチャンッ
え?どっか行きましたけど。
えぇ...
てか人気者がよりによってなんで僕なんかに告白してきたんだ。
えぇ...僕返事どうすればいいのw
うーん...まぁ付き合ってみるだけ付き合うか。
翌日
屋上
ころんくん
あ、さとみくん!
さとみくん
あ、ころん
ころんくん
返事だけど
さとみくん
うん
さとみくん
ゴクッ(息を飲み込む)
ころんくん
僕でよければよろしくお願いしますニコッ
さとみくん
よっしゃ...!
さとみくん
今日一緒に帰ろーぜ!
ころんくん
うん!
〜回想終わり〜
って感じに告白してきたのに。
今では何この態度。
はぁ...
もういいや。
話しかけられたら話すけど、僕はさとみくんに話しかけないとこっと...
ころんくん
はぁ...
さとみくん
るぅとん家行ってくる。
ころんくん
行ってらっしゃい。
さとみくん
ん。
さとみくん、僕知ってるよ。
さとみくんがるぅとくんと浮気してるってこと。
僕が何したっていうの...?
僕だって、甘えたいのに。
ころんくん
ふぇっ...グスッ
あぁ...泣いちゃった。
ころんくん
さとみくん...グスッ
ころんくん
僕は...グスッさとみくんの事大好きだったのに...グスッ
ころんくん
それも今無くなりそうだよ...グスッ
ころんくん
さとみくんのばかッ...グスッ
僕は泣き疲れて寝てしまった。