無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

63
2021/03/25

第3話

2話
んぁ...
僕昨日何してたっけ。
あ、そうだ、僕泣き疲れて寝たのか...
さとみくん帰ってきてるかな。
〜リビング〜
居たんだけど。
少し話しかけてみるか...
ころんくん
さとみくん、おはよ
さとみくん
おはよ
ころんくん
ギュッ(バックハグ)
さとみくん
邪魔。
ころんくん
ッ...ごめん
はぁ...
もういいや。
さとみくんがどっか行ったら"これ"置いて出よう。
さとみくん
るぅとの家行ってくる。
ころんくん
行ってらっしゃい。
ころんくん
さようなら。
よし。
これで終わりかぁ。
楽しかったな。
僕は置き手紙を置いて家を出た。