無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

70
2021/03/25

第4話

3話
さとみsibe
ガチャッ
さとみくん
ただいま。
あれ、いつも元気に「おかえり!」って言ってくれるのに、寝てるのかな。
俺はリビングに足を運んだ。
〜リビング〜
テーブルに手紙が置いてある。
中を開けてみる。
ねぇ、さとみくん
さとみくんは僕の事嫌いになりましたか?
僕は大好きです。
さとみくんとるぅとくんが浮気してるのは知っていました。
それでもまた僕の事好きになってくれるかなって期待してました。
だけどその期待も無くなりました。
さとみくん、僕と別れてください。
さとみくん、今まで楽しかったよ。
こんな僕と仲良くしてくれてありがとう。
大好きでした。
                   ころんより
は...グスッ
もうころんの事なんかどうでもいいはずなのに。
涙が溢れ出てくる。
さとみくん
そっか...俺はまだころんの事好きだったんだ。
俺は後悔した。
ころんの事もっと可愛がってあげてればこんな事にならなかったのに。
俺の馬鹿。
ころん...戻ってきてくれるかな...
戻ってきたら精一杯可愛がってあげよう。
ガチャッ
ころんくん
...
さとみくん
...!
さとみくん
ころんッ...!
ころんくん
...
さとみくん
ごめん、ごめんな...グスッ
さとみくん
俺後悔した...グスッ
さとみくん
俺にはころんが居ないとだめなんだって...グスッ
さとみくん
気づいたんだ...グスッ
さとみくん
俺今までころんに酷い態度とってたよね...グスッ
さとみくん
ごめん...グスッ
ころんくん
浮気がばれたらすぐるぅとくんの事ぽいなの?
ころんくん
そんなの理不尽過ぎでしょ。
ころんくん
もう僕は貴方のこと好きじゃありません。
ころんくん
るぅとくんと幸せになってください。
さとみくん
ころん...ッ...
さとみくん
やだよッ...グスッ
さとみくん
あぁ...グスッ
ガクッ
俺はその場に崩れ落ちた。
さとみくん
俺ってほんと最低だよな...グスッ
さとみくん
ごめん、ごめんな...グスッ
ころんくん
さとみくん、顔上げて。
さとみくん
ん...?グスッ
俺はゆっくり顔を上げた。
チュッ
部屋中にリップ音がなる。
さとみくん
ころん...?
ころんくん
僕じゃなくて、るぅとくんを幸せにしてあげてください。
ころんくん
さとみくん、今までありがとうございました。
さとみくん
ころん...いや...嫌だよ...
さとみくん
いかないで...
さとみくん
俺の傍から離れていかないで...
さとみくん
ころん...お願いだから...
ころんくん
るぅとくんなら呼んであるから。
るぅとくん
さとみくんどうしたんですか!?
るぅとくん
もしかしてころちゃんに...!?
さとみくん
え、いや、ちがu
るぅとくん
ころちゃん以外居ませんよね
るぅとくん
早く邪魔者は消えてください。
ころんくん
うん、消えるよ
この世からね。