無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16
👶「行こ!」


『はい//』


ガチャ))あなたちゃん!!!ギュッ


『わっ!!』


🐴「気絶してたけど、もうあなた大丈夫なの??」


『はい!///』


🐴「良かった~!あ、ごめんㅋㅋめっちゃ抱き締めてた」


『大丈夫です.//』


🐴「可愛い~」


👶「…僕もここにいるんですけど」


🐴「あ、ごめんㅋㅋ知らなかった」


『ごめんなさい』


👶「あなたちゃんはいいよ~♡」


『😊』


🐴「え、…」

















そのままご飯を食べに___






👶「はい!あなたちゃん」


『ありがとうございます!!』


バーノンさんはわざわざ、ミンギュさんと作ったご飯を机の上に用意してくれた.














🐹「ヤハーーーーー!!!あなたちゃん!!!」


振り返るとそこには、お風呂上がりのホシくん


『(かっこよすぎて涙でそう)』


🐹「さっきは大丈夫だった~??」


『はい、なんとか!』


🐹「そう~!今日は僕と寝よーね」


『え?//』


🐸「ダメだよ、ヒョン」


『(あれ?いたの?)』


と思って声をするほうを見たら、皆いた←


🐰「あなたちゃん~」


『///』


さっきのこと思い出した


🐰「あなたちゃん、またポッポしようね✨」


『え、/』



SEVENTEEN「反省しろって」


🐰「わ~皆怖い」


『ㅋㅋ』


🐶「可愛い~」


🐯「あなたちゃんが笑った👏」


🦍「かわい…」


🐰「僕のおかげ」


🦖「ヒョン??😊」


ディノちゃん目が笑っておりません













>>>>next