無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
『え…?』


『なんで私のこと知ってるんですか』


👼「だって、あなたちゃん握手会とかサイン会よく来てくれてて顔覚えちゃったんだもん」


『ありがとうございます//』


👼「ほら可愛い」



『え』


👼「ㅋㅋ」


👼「てかさ、もうタメでいいよ!」


『なんでですか??🙄』


👼「だって、これから一緒に住むし」


『え(2回目)』


👼「あなたちゃんさらう前に一緒に住んでいいかお母さんに聞いたらね」



👼「いいよ、って言ってくれたㅋㅋ」


『そんなにあっさりと…』


👼『うんㅋㅋタメでいいよ❤️』


『ハートが…ㅋㅋ』


👼「あなたちゃんって笑ったところも可愛いんだね」


『そんなことない//』


👼「ㅋㅋ」


👼「もうすぐ、皆帰ってきてもいいんだけどな〜」


『…SEVENTEEN』


👼「緊張する?ㅋㅋ」


『うん、今も緊張してるから!』


👼「ねえーー」


『はい!』


👼「ㅋㅋ」


👼「オッパがいい」


『え?』


👼「オッパ呼び」


『?』


👼「オッパ呼びね〜」


『…』





この人ほんとにジャ○アンだ















ガチャ))Σ( º。º ...)//




👼「なにビックリしてんのㅋㅋ」


『//』


👼「ほんとっ可愛いね〜//」ギュッ


『!!!』


ジョンハンオッパにすっぽりはまった


👼「ちっちゃいねぇー!あなたちゃんㅋㅋ」


「//」

👼「あー!キヨウォ❤️可愛い




『恥ずかしいよ〜//』



??「え、なにやってんのㅋㅋ」










>>>>next