無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
\ピンポーン/

















インターフォンの音で目が覚めた.



























誰だろ.










インターフォンから玄関の外を見ると、、















宅配便?







今、親いないし…








受け取るのはめんどくさいな☆




























いきなり口を塞がれた。


















































私の意識はそこで途切れた.





















>>>>next