無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

34
私はあのまま眠っていたらしく




目が覚めるともう朝.












U
よいしょ、
ズキッ
U
い?!



腰が痛い…、なんで、、
U
あ、








思い出した…










昨日ジスオッパと、、
U
///
Joshua
Joshua
おはようあなたちゃん✨
U
、、////
Joshua
Joshua
照れてる、の、可愛い
U
おはよう、ございます///
Joshua
Joshua
ㅋㅋ
Joshua
Joshua
昨日も可愛かったんだけどねㅋㅋ
U
言わないで下さいよ、/
Joshua
Joshua
下、行こっか~
U
はい、





立とうとするけど







腰が痛すぎて立てない、
Joshua
Joshua
どうしたの、?
U
いた、痛いんです…
Joshua
Joshua
あ~
Joshua
Joshua
おいで?



おいで、と言いながら






おんぶしてくれようとするオッパ
U
だ、大丈夫ですッ
Joshua
Joshua
歩けないでしょ??
Joshua
Joshua
ほら、おいで、
U
ありがとうございます//








昨日のこともあって








オッパに触れるだけで









緊張する。
Joshua
Joshua
もっと力抜いてよㅋㅋ
U
あ、はい/
がチャ))









え、
U
、!
Joshua
Joshua
おはよ、




ドアをあけるとそこには










___がいた、







>>>>next