無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24
それから数時間が経ち私達は

説教くらいました☆



ま、卒業式前だったから


軽めに怒られただけ←






よじゃちんぐ「じゃ、また明日ね!!!」



「うん!ばいばい!」





























トントンっ


「!!!!!!!!!?」



誰かに肩をとんとんされたから、振り返ると__













「ジスオッパ!」



🐰「Hello、びっくりさせたよね?ごめん!」



「大丈夫です!」



🐰「どう、今日の学校楽しかった?」



「はい!」



🐰「そーいえばあなたちゃん僕達のマネージャーなるんだね!」



「あ!はい!」


🐰「待って、」



「?」



🐰「こっちッ、!!」



「わっ?!」



アハハハハ




目の前を通り過ぎていく



高校生…




あ、もしかして、



🐰「ごめん、他の人たちに一緒にいることバレたらどうなるか分かんないから無理矢理隠れさせちゃって」



「だ///大丈夫です」


















私もう気絶しそうです…、













SEVENTEENというアイドルグループのメンバーでぁるホンジス様に





なんと、

















壁ドンされてます。













>>>>next