無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19





今は2人でひとつのベッドに寝てる状態.




距離が近い😭😭😭😭♡






🐶「あなたちゃん?」


『はいっ』



🐶「寝れる??」



『あまり、寝れません…』



🐶「じゃあ、ギューして寝よ??」



『え。』←どうしてそうなるキムミンギュ。
























もっと寝れない…



『い、いいですよ』






🐶「やったぁ、ギュゥーー」


「う、、苦し…」


🐶「あ、ごめんね!」


「ㅋㅋ」


「ミンギュオッパ、このままギューして寝たいです」


🐶「え!あ!うん!///」



🐶「寒い?」



「暖かいです☺️」



🐶「良かったぁ~」
















「💤💤」








ミンギュside、



あなたちゃんの寝顔、可愛すぎる。。







僕ももう寝よ。













ミンギュside end




















_______________














「ミンギュオッパ~」



、、起きないw




「ミンギュオッパ~」ユサユサ…。




🐶「んーー?もう、朝なの?」



「はいッ」



🐶「ギューして!」



「え?」



🐶「じゃないと起きれない…」


ギュー



🐶「ありがとう!」

「はいㅋㅋ」



🐶「朝ごはん作らないと!」



「私も、手伝います!」


🐶「いいの!ありがとうっ!」
























トントントントン…



「オッパこれは、ここでいいですか?」


🐶「大丈夫だよ~」


「分かりました」






ギュッ



『…?』



後ろからいきなりハグされた。






そしたら、いきなり耳元で



「今日は一緒に寝よ??」


と言ってきた。








声でわかった。










シュアオッパ。













「シュアオッパですよね??」



🐰「うん!」



振り返ろうとしたら…





🐰「だーーーめ、包丁持ってるのによそ見なんてしたら危ないでしょ、」




と言ってくれた






























GENTLEMAN✨













🐰「で、一緒に寝てくれる??」


「はい、いいですよ」


🐰「やったぁーーー」




そう言って、オッパは去っていった、





















あれ、左の方からものすごく





視線を感じる。











「ミンギュ、オッパ、」



🐶「、、、シュアヒョンと寝るの??」



「はい…??」



🐶「ふぅん、、、気をつけてね??」



「はい??????」




🐶「…」










>>>>next