無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
🐶「あなたちゃん、料理上手いね✨」


『ありがとうございます//』


🐶「かわ…い(ボソッ)」


🐶「ていうか←
あなたちゃんってまだ僕とジスハンとジュンとスングァン以外にいること知られてないでしょ??!」


『はい…』


🐶「わぁーー、皆喜ぶよ!あなたちゃんがいるなんて知ったら」


『そうだといいです!😳///』


🐶「まだ緊張してるの?」


『当たり前です💦』


🐶「今日から住むんだよね!!!ここに」


『…、あ、そういえば、言ってました!ハニオッパが』


🐶「楽しみ〜🥰」


『😳』

















ご飯できた☆(飛ばしすぎミアネ💦



🐶「みんなー!できたよー!」


🍊「お!」


🦖「なんでいつもより豪華なんですか?」


🐰「あなたちゃんがいるからだよ」


会った人以外「え?」


🐸「あなたちゃんってあのあなたちゃん?」←


👶「oh…」


🐹「あなたちゃんどこにいるの!?」


『!』


👼「ここだよ、」


『あ、オッパ…』


👼「はやく出ておいでよㅋㅋ」


『うん…でも、』




私はキッチンにいて、ハニは私を見下ろしている状態.


👼「緊張ー?」


『うん😭』


👼「おいでってばぁ〜!))ヒョイ」


『んぇ?!オッパ!』



やはーーー!お姫様抱っこ.←あれほちくん




👼「みんなー見てー」


🐶「なにしてるんですか!ヒョン!」


👼「あなたちゃん緊張してるってㅋㅋ」


『おろしてください~~///』


👼「ごめんㅋㅋ」



やっとおろしてくれた←嬉しかったけど


🦊「握手会とか来てくれてるよね」


『はい…/』


🦍「可愛い〜!!!」


『///』


🐸「そんな言ってもあなたちゃん困ってるよ〜可愛いけど」


『え///』



うん、あたし照れすぎてきもいわ←






>>>>next