無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38























着替え終えて,




時計を見ると,




『7:52』
U
え、やばいじゃん








急いで玄関に行き










U
オッパ達~!行ってくるね!







と言い





家を

























出ようとした
















『ちょっ、あなたちゃん』



U






振り向くとそこには
U
クプスオッパ?どうしたの、
S.Coups
S.Coups
送ってく
U
え?
S.Coups
S.Coups
俺があなたちゃんを車で送ってく
S.Coups
S.Coups
時間大丈夫じゃないでしょ?
U
いいの??
S.Coups
S.Coups
うん!
U
ありがとうオッパ😭
S.Coups
S.Coups
さっ、行くよ〜
U
うん!












宿舎の駐車場_
S.Coups
S.Coups
はい、乗って!
U
わぁ、ありがとう、、!





ちゃんとドアを開けてくれる
















5分後
U
オッパ、ほんとにありがとう😢
U
あっという間に着いたよ!
S.Coups
S.Coups
いいえㅋㅋ行ってらっしゃい!





あ!そうそう今日は僕達、仕事があって、宿舎であなたちゃん1人になるかもしれない…
U
そうなの!
S.Coups
S.Coups
ごめんねッ、!ちゃんと戸締りしてね
U
うん!心配しなくていいよ!
S.Coups
S.Coups
それもそれで…あっ、今日卒業式だね、楽しんでおいで??ㅋㅋ
U
楽しむのかなㅋㅋ
S.Coups
S.Coups
ㅋㅋ
U
オッパ達もはやく、帰れるといいね!じゃあね!スンチョルオッパ!!
S.Coups
S.Coups
うん!😊






手を振り、










校門を進む___












>>>>next