無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

28
起きろー!
「ん、…んーーまだーーだよ…」



起きたらポッポするのに…



「ガバッ!!!」



「起きたよ、ウォヌオッパぁ、ポッポは?」



🦊「え、嘘だし…」



「酷い…オッパぁ、じゃあウジオッパにしてもら…あれ?ウジオッパは?」



🦊「どっか行ったよ」



「じゃあ、ウォヌオッパが私にポッポしないと〜♡」



🦊「え、ちょ、あなた?ハート飛んでるし、、」



「チュ、」



🦊「!」



「ㅋㅋ」



🦊「な、なに、あなたちゃん?///」



「ウォヌオッパすきぃ…♡」



🦊「なに、どうしたの?」



「んーん、?」



🦊「甘えたさん?」



「オッパ大好きだもんッ…//」



🦊「誰かーーーー!」



🐯「はーい?」←はや



「ジュニオッパぁ♡」



🐯「え?!」



🦊「あなたちゃんこんな甘えたさんだったけ?」



「ジュニオッパぁ、抱っこ!」



🐯「いいよ!(?)」


ヒョイッ



「ギュ~~~オッパ力持ち~」



🐯「あなたちゃん軽い…!」



🦍「なにしてるの?!ジュニ!」




🐯「や、あなたちゃんが抱っこーって…」



「ごりちょる?!」



🦍「んぇ?!ご、ごり、ごりちょる!?」



「ごりちょる〜♡♡」



🦍「ちょ、待って皆呼ばないと…」



🦊「呼ぼ!」




















🐹「なんですか~あなたちゃんがどうしたんですか?」


👼「どうした?」


🐴「あなたちゃん眠そう」


「オッパたち~さらんへよぉ♡」


💎「?、!?!!?」


🦖「どうしたの!これ?!」


🍊「可愛い~!」


🦊「お、起こしたらこんなふうにすっごい甘えてくるの」



🐶「めっちゃいいじゃん!」


👶「あなたちゃん可愛い😭」


🐸「もう、タメ語にしましょ!」


「ハオオッパ〜タメ語いいの!」


🐸「大丈夫だよ~」


「わーーい」



💎「///」



👼「待ってほんとにどうしたの、これ…」











🍼「じ、実はこんなふうになっちゃう薬を飲ませちゃったんです…」




🐴「は?」


🦊「ジフナ?」


🦖「ヒョン…」


🐶「ヒョン…」
























💎「nicewwww」



🍼「ㅋㅋ」



🐰「めっちゃ可愛いから許すし!」


「オッパ達〜なんの話??」


🍊「あなたちゃんがとっても可愛いっていうお話してたの!」


「んぇ!?///」




🐰「あなたちゃん」



「はぁい?♡」


🐰「ポッポして?」


「うん、いいよぉ~!」


チュ


🐰「んッ」


🐶「ちょ、ヒョン!」


「ん、あぁ♡オッパ、苦し…ぃの」


🍊「何見せられてるの///」


「んっ、」


「ぷはぁッ//」


「オッパすきぃ♡」


🐰////


🐶「え、じゃあ俺もする!」



「いいよ?♡♡」



🐶「チュ、」


「んッ…//」


🐶「可愛いー!」


👼「俺もしよ」


🦊「じゃ、おれも」


🍼「よし」


🐸「ぼくも」


🐹「やはーー俺も」


🐯「俺もしよっかな、」


🦖🐴👶🦍🍊「こいつらアホなの…」












>>>>next