無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
『は?』



??「ㅋㅋ」



『あ、ごめんなさい、ここどこですか』




??「シェアハウス」




『え?どういうこと…』



??「いいから、こっち来てよㅋㅋ」



『え、えと…』




『誰なんですか…』





??「俺はちゃんとあなたちゃんのこと知ってるからㅋㅋ」




『え、と、意味が分からな…』




ギュッ




『ん?』







え、えとこの人なんかいきなりハグしてきた。











知らない人だし、怖い。


近づいたあたしが馬鹿だった☆

















『あのッ、離してく、ください、』




??「…」





やっと離してくれたと思ったらその人は




髪をかき揚げて、黒マスクを取った.














え____???













>>>>next