無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

56
hoshi
hoshi
よし、寝よっか!!
U
う、うん





さっきの事があってから
恥ずかしい
hoshi
hoshi
あなた~
U
はい、!
hoshi
hoshi
ㅋㅋ
hoshi
hoshi
もっとこっちおいでよ、


空いている隣をポンポンとして待っている
オッパ





近寄ると腕枕してくれた






もちろん、目は合わせないように__
















hoshi
hoshi
こっち向かないの?
U
は、恥ずかしいから//
hoshi
hoshi
ㅋㅋ








「こっち向いてよ~」って

言いながら、腕枕してる手で
私の頬をつんつんしてくる.









仕方なく、ホシオッパの方を見てみる







hoshi
hoshi
おやすみ
U
うん、おやすみ!







頭をポンポンしてくれるから
私は安心してすぐに目を閉じた__





















>>>>next