無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

35
○○
おはよう、…
ジスなんでおんぶしてるの?
Joshua
Joshua
あなたちゃん、歩けないんだよね~
○○
ちょ待って、もしかしてさ、昨日の声ってまさかのあれ?、、
Joshua
Joshua
うーーん、そうかもしれない
U
///



私が顔を赤くして







ジスオッパの背中に顔をうずめていると、







○○
ほんとなの?!
そう言って顔を覗き込んでくるオッパ
U
何がですかッ//
○○
なにって、
Joshua
Joshua
そんなにあなたちゃんを虐めないでよㅋㅋ、
S.Coups
S.Coups
ごめんね、あなたちゃん!
U
大丈夫です
Joshua
Joshua
なんで、ここにいるの??スンチョルは、
S.Coups
S.Coups
ちょうど、起こしにきてた!
Joshua
Joshua
そうなんだ!
Joshua
Joshua
じゃあ、
下降りよっか!


__________
下へ降りてもおんぶしてくれているジスオッパ










U
オッパ…もう降ろして大丈夫です!
Joshua
Joshua
ほんとに?大丈夫?
U
はい!
Joshua
Joshua
歩ける?
U
歩けますよ!ㅋㅋ
Joshua
Joshua
なら良かった!
U
ありがとうございました😊
Joshua
Joshua
いいえ~ほんと、ごめんね??
U
はいっ
hoshi
hoshi
あなたちゃん~!
U
はいッ
hoshi
hoshi
ちょっと来て~!!
U
分かりました!






ホシオッパに呼ばれて2人きりになった










どうしたのかな?って思っていると





hoshi
hoshi
昨日、ヒョンとやったの?
U
な、なんで、ですか?/
hoshi
hoshi
その反応はしたってことだねㅋㅋ
U
皆には内緒です…/
hoshi
hoshi
内緒っていってもあなたちゃんの声でバレバレだったんだけどね?
U
///
hoshi
hoshi
可愛かったな…
hoshi
hoshi
次は俺とね…?
U
、、、
そういうと、ホシオッパは







リビングに戻っていった___
U
体がもたない…












>>>>next