無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
よじゃちんぐ「あなた~」



「ほーい!?」


よじゃちんぐ「さぼろ?」


「でも、準備…」←真面目か


よじゃちんぐ「後輩がしてくれるよ」



「あ!そうだね☆」←単純














_____________


屋上( ¨̮ )



よじゃちんぐ「ねぇ、あなた卒業したらなにするの?」



「‪Σ( ˙꒳​˙ ;)」


よじゃちんぐ「え?なになに!w」


「いや、なんでもなi..」


よじゃちんぐ「なに!言ってよ~」


「…デザイナー?🙄」←目泳いじゃってま☆


よじゃちんぐ「な、なんで疑問形なのㅋㅋ」


「実感がないからㅋㅋ」



よじゃちんぐ「なるほどね(  ˙-˙  )」



「うん(  ˙-˙  )」




よじゃちんぐ「てか、セブチのLIVEだけどさッ…」



「(;゚;ж;゚;)ブッ」



よじゃちんぐ「え?」



「え?」



よじゃちんぐ「なにㅋㅋおかしいよあなた?」



「そんなことないㅋㅋ」



よじゃちんぐ「なんか隠してるでしょ!」



「ん、なにも!」



よじゃちんぐ「そ、そう?言ってよ?困ってることあるなら!」



「う、うん。」




(うわーーーーお、なにこの罪悪感)




よじゃちんぐ「でさ、そのセブチのLIVEさ、一緒に行かない?」



「(;゚;ж;゚;)ブッ((2回目))」


よじゃちんぐ「いい?」


「い、いいよ!」


「い、いつだっけ?」←とぼけてみる



よじゃちんぐ「んとね、来月の中旬!」



「分かった!」



よじゃちんぐ「チケット1枚余計に買っちゃったからさ、身近にいるCaratであなたしかいなかった☆」




「おぉ、ありがとう!!!」



よじゃちんぐ「んふ‪‪❤︎‬」



「(  ˙-˙  )‪‪❤︎‬」



よじゃちんぐ「よし、戻るか」



「うん!」


よじゃちんぐ「てか、保健室行こな?」


「な、なぜに?」


よじゃちんぐ「だって今日のあなたおかしいもん」



「んえ、(  ˙-˙  )」

















>>>>next








____________


ごめんなさい。。


1週間も投稿できなくて😭