無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20
「(なにに気をつけるんだろ…)」















🐶「みんなーーー、ご飯できたよーーー」




はーーーい






🐶「あれ?ドギョムとハニヒョンまだ起きてないの??」


🍼「いつものことだよ~」


🐹「あの2人なかなかおきないんだよね」


🐸「あなたちゃんが起こせば起きると思うけ
ど、」


『起こしに行きましょうか?』


🐸「うん!よろしくね~ㅋㅋ」


🐯「ありがとう!!!」




























『ドギョムオッパ~?』



🐴「💤」


『(可愛い)…』




まつげ長い🥺羨ましい



『ドギョムオッパ~』


『起きてください~』


🐴「パチッ))え!あなたちゃん?」


『はいㅋㅋ朝ごはん食べますよ、』


🐴「はーーい」






次は、ハニオッパ。












「ハニオッパ!」


「起きて!」



👼「うーーーーん、」💤


「起きないと~朝ごはん食べないの??」



👼「あなたちゃん??」


「うん」


👼「キスしてくれたら起きる…」


「え、」



👼「してよ、」



「え、でも、キスとか、、((グイッ」



「わっ」


👼「しよーね?😊」



チュッ


「んっ、//」



👼「んっ、」


「ふぁ、あ、んッ//」


👼「クチュ、ッ」



「や、ぁ、///」


👼「ん、っ」


「んぁ、/ん//、」


👼「ッ」


「はぁはぁはぁ…」


「オッパ、、」


👼「もう1回??」


「いや、違う!ッ//」


「舌入れてくるとか、聞いてないよッ///」


👼「ふふㅋㅋまたしようね」


「…ッ///」














🍊「おっ!ハニヒョン!おはよ」


👼「おはよ!」


🐯「あなたちゃん、起こしてくれでありがとう~!って、顔が赤いけど大丈夫なの?」


「え?」






やばい、ハニオッパのやつで顔が真っ赤になったんだ…















🦍「熱測る?」


「いやっ!大丈夫です!そんなんじゃないので!」


🦍「そんなんじゃないって、、?、まぁ、大丈夫なら、良かった~!」





「は、はい!」


👼「あなたちゃん」


「ん?」

👼「チュッ))ん、」


「んー!!?!///」


SEVENTEEN「o(゚◇゚o)ポケー」


「ぷはぁッ!//」


👼「俺とさっき、こうやってしたから、顔赤くなったんでしょ??ㅋㅋ」


「オッパ//」


🐶「それってほんと?」


👶「え??ヒョン~??????」




















🐶「ずるい」







←え、だから、なんでそうなるのキムミンギュ。(2回目)





🐶「僕もするから…」


🐶「あなたちゃん、おいで」


「スタスタ」←え


「なんですか?」


🐶「ㅋㅋ」チュッ


「!?」




🐶「可愛い☆」


「////」


🐴「見てらんない(  ˙-˙  )」←


🐯「そんなことは、後でして、今はご飯を食べよ!」


「ごめんなさい~😭」


🐸「いいんだよ!あなたちゃんは悪くない😊」


「ありがとうございます!!!」











>>>>next