無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
??「なにやってんの?」


👼「可愛いでしょ、あなたちゃん」


??「えええ!あのあなたちゃん!?」



『…(この声って…シュア?!)』


??「離してあげてー!はやく顔見せてあなたちゃん!」


『///(名前呼ばれた🙄❤️)』


👼「はいはい、」


私は恥ずかしくてシュアさんの方を向けなかった.←さん付けㅋㅋ


??「あなたちゃん!こっちおいで」


『…』


??「o(゚◇゚o)ホエ?」


👼「あなたちゃん、緊張してるの!ㅋㅋ」


??「そーなの?じゃあ僕がそっち行くよ」


顔を覗かれる


『!?//』


『シュアさんだ…//』


🐰「え、待ってほんと可愛いね」


🐰「握手会とかで見た時よりも可愛い😳」


『(覚えててくれてるんだ)✨』


👼「でしょ、俺より可愛いよ」


『あの…シュアさん』


🐰「どうしたー??」


『顔が近いようです…』


🐰「!ごめんね!」


『…はい😳』


🐰「てか、シュアさんって呼びにくくない?」


『え』


🐰『シュアオッパで〜!!!』


『いいんですか?こんな私がオッパって呼んでも…😳』


🐰「全然いい!」



👼「あのですね〜俺も一応ここにいるよお二人さん」


『ミアネヨ💦』


🐰「お前空気より薄いわ」


👼「あとで覚えといてね😊」



















オッパの目笑ってないけどㅋㅋ





>>>>next