無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,567
2020/03/26

第80話

🥀
you
you
ジフナが知ってくれてるだけでこんなに心強いんだね、もっと早くいえばよかった
そう言いながらジフナの肩に頭を乗せた
ウジ
ウジ
本当な、もっと早く頼って欲しかったわ
you
you
ごめん
ウジ
ウジ
でも俺もこうなったら隠してたと思うから何も言えないんだけどな
you
you
じゃあ、これからはなるべく隠し事とか我慢を無くしていけたらいいね
ウジ
ウジ
おう
ウジ
ウジ
じゃあさ、ひとついい?
you
you
何?
ウジ
ウジ
キス、していいか?
you
you
へ?!あ、うん
私は肩から頭をのけジフナの方を見た。久しぶりに見たジフナはやっぱりかっこよくて胸の高鳴りが抑えれなかった
you
you
んッ//
you
you
ジフナッ、んッ
ウジ
ウジ
ここに座って
いきなりキスをやめたジフナが自分の膝に座るよう言ってきた
you
you
うん
私が座ると再び激しいキスが始まる
you
you
んッ//
ジフナについて行くので精一杯になる
ガチャ
玄関が開く音がし、廊下の方がガヤガヤしだした
you
you
ジフナ
ウジ
ウジ
あいつら帰ってきたみたいだな、いいとこだったのによ
you
you
さすがに、SEVENTEENの宿舎でそういうことは恥ずかしいよ///
ジフナの隣に座り直してそう言った
ウジ
ウジ
じゃあ、部屋でも借りて住むか
you
you
え?!
ウジ
ウジ
冗談だよ
ミンギュ
ミンギュ
あなたヌナ、来てたんですか?
you
you
あ、ミンギュ久しぶり
ウジ
ウジ
もうあなた帰るから今から送ってくわ
you
you
え、うん
ミンギュ
ミンギュ
じゃあね、ヌナ
you
you
バイバイ
そうしてSEVENTEENの宿舎を出た。