無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

72
2021/10/11

第13話

私は迷惑な存在、(AtR)
話をだいぶ変えます。趣旨は変わりません
自分勝手だけど…ここはできるだけ私の“現状”
を書くところだからです
(なまえ)
あなた
は〜今日も疲れたな〜
まふまふ
まふまふ
あなたちゃーん
(なまえ)
あなた
まふくん!
まふまふ
まふまふ
一緒に帰りませんか?
そらる
そらる
俺も一緒だよ。
(なまえ)
あなた
帰る〜!
まふまふ
まふまふ
ねーねー寄り道しませんか?
そらる
そらる
え〜どーする?
(なまえ)
あなた
いいんじゃない?
まふまふ
まふまふ
それじゃ行きましょ〜
そうやって楽しく学校生活を送っていたな
でも、幸せはやっぱり続かないらしい
???
???
あなたちゃん。放課後…ちょっといいかな?
(なまえ)
あなた
?いいけど
放課後
???
???
ねぇ、迷惑だよ
???
???
あんたは。AtRにも、この学校にも
(なまえ)
あなた
は?
???
???
皆、あんたが迷惑だと思ってる
???
???
だから、早く休んでくれない?
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
話はそれだけなら私はもう帰るけど?
???
???
えぇ終わりよ
(なまえ)
あなた
あっそ
自室
ベットで寝転がって
(なまえ)
あなた
迷惑…
そんなの…自分が一番わかってる
私がいなくても大丈夫、むしろいいまである
(なまえ)
あなた
そんなの…一番自分がわかってるよ
もう疲れたし、いいよね…“不登校”でも。
いらない存在なんだから
それから私は学校に行かなかった
学校行かなかった日
ピコン 

 

『』が、ライン内の会話
(なまえ)
あなた
通知…?誰からだろう…
(なまえ)
あなた
グループだ…
まふまふ
まふまふ
『大丈夫ですか?』
そらる
そらる
『今日学校休んでたけど大丈夫?』
(なまえ)
あなた
あ…返信したほうがいいよね…
(なまえ)
あなた
『うん!大丈夫だよ!ちょっと体調崩しただけだから』
(なまえ)
あなた
『心配してくれてありがとう!』
まふまふ
まふまふ
『それならいいですけど…何かあったら言ってくださいね…すぐ行きますから!』
そらる
そらる
『人に頼ることも大切だからな。あなたがなにか必要なときは言ってほしい』
(なまえ)
あなた
『うん。ありがとう!』
(なまえ)
あなた
嘘ついてごめんなさい
(なまえ)
あなた
優しいな…あの二人は…
それから数週間後
ピーンポーン
(なまえ)
あなた
はーい…って…
(なまえ)
あなた
まふまふくんとそらるさん?
まふまふ
まふまふ
あ、元気そう!良かった
そらる
そらる
数週間休んでるから心配したんだ
(なまえ)
あなた
全然大丈夫だよ!来てくれてありがとね
まふまふ
まふまふ
ジーーーーーー
(なまえ)
あなた
まふまふ
まふまふ
あなたさんなんか隠してますよね?
(なまえ)
あなた
どうして?
まふまふ
まふまふ
表情に裏があるように感じます。笑ってるけど…笑ってない…
そらる
そらる
確かにいつものあなたよりなんか笑った感じが、愛想笑いだよな
(なまえ)
あなた
えーー?そんなことないけどな〜
まふまふ
まふまふ
隠さないでください
そらる
そらる
それとも、俺らの事信用してない?
(なまえ)
あなた
信用…してますよ!
そらる
そらる
じゃあ言って?
(なまえ)
あなた
え〜言わないって言ったら?
まふまふ
まふまふ
あなたさんの家に入り浸りますよ!
(なまえ)
あなた
なんでそんなに…
まふまふ
まふまふ
だって、大切な友達じゃないですか!
そらる
そらる
うんうん
(なまえ)
あなた
…、
正直そう言ってくれるとは思わなかった
その優しい言葉を信じたい…
そう思ったら喉につっかえていたものは出てきた、すんなりと
そうして話した
まふまふ
まふまふ
そんなことが…
そらる
そらる
そいつが誰か知らないけどあなたのこと迷惑だと思ったことは一度もない
まふまふ
まふまふ
そうですよ!そんなほとんど知らない相手の言葉なんて信じなくていいです!
(なまえ)
あなた
そう…だね…
話したらスッキリしたものの迷惑というレッテルを一度貼られたらもう…自分の意識の中からは離れてくれなくて…学校に行くことに吐き気がしてくる
そらる
そらる
別に俺は無理して学校行かなくてもいいと思う
まふまふ
まふまふ
授業ノートなら僕らがしますよ!
そう言ってくれて嬉しかった…
本当にいい友達を持ったな
改めてそう思った