無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

転校生は女子…?男子…?
1,542
2020/03/09 00:26
莉犬くん
莉犬くん
はぁっ、はぁっ、
ガチャッ
莉犬くん
莉犬くん
たっ、ただいまっ!!
???
あっ!おかえり莉犬くん!
莉犬くん
莉犬くん
たっ大変だよ!
???
あ、おかえり莉犬
???
どうしたの?
莉犬くん
莉犬くん
あっ!あのねっ!
???
ちょっと、一回落ち着こ
莉犬くん
莉犬くん
みんな集めて
???
あ、うん
_____________________________
さとみくん
さとみくん
~!寒っ……………
今日は季節外れの寒さだ
ニュースでもやっていた
風が服の隙間に入ると身震いがする
さとみくん
さとみくん
クシュンッ
さとみくん
さとみくん
はぁ~……………
_でも今日は4時間授業だから早く帰れる………!
さとみくん
さとみくん
よしっ…………!
小さなガッツポーズを胸の前でした






帰ったら何をしようと妄想を膨らませているとあっという間に校門まで着いていた
クラスメート
クラスメート
あ、○○おはよー
クラスメート
クラスメート
おはよー
こういう会話を聞くと、記憶が無いところの俺もこんな会話をしてたのかなってふと思ってしまう
???
っ………………
俺の横を素早く通っていく人がいた
よく見ると昨日校門前で声をかけた人だ
でも制服はここの学校のになっていた
_転校生だったのか
確か今日転校生来るって先生言ってたかも
まあ自分のクラスになるかは言ってなかったんだけど
________________________
キーンコーンカーンコーン
クラスメート
クラスメート
今日このクラスに転校生来るらしいよ
クラスメート
クラスメート
え、まじ?
クラスメート
クラスメート
可愛い子がいい
クラスメート
クラスメート
イケメン来ないかな………!
鐘が鳴っても先生は来なく、より一層教室は騒がしくなった
どうやら転校生はこのクラスに来るらしい
さとみくん
さとみくん
はぁ…………………帰りたい
自分にしか聞こえない小さな声で小さな愚痴を言った
ガララララ
担任
担任
はい、静かに
先生の声と共に騒がしい声が聞こえなくなった
担任
担任
実はこのクラスに転校生が来ることになった
クラスメート
クラスメート
!ほんとに来るんだ…!
クラスメート
クラスメート
やばっ
クラスメート
クラスメート
女子…!女子…!
またうるさくなった
担任
担任
はぁ…静かに~
クラスメート
クラスメート
先生!男子ですか?
担任
担任
見て確認しろ~
担任
担任
じゃあ入っていいぞ
ガララララ
教室の扉が開いた
“転校生”は緊張しているのか扉を静かに開け、静かに閉めた
ガララララ
担任
担任
今日からこの学校の生徒となる“赤瀬 莉犬”君だ
転校生、“赤瀬 莉犬”は先生のそばまで歩いていった
莉犬くん
莉犬くん
…宜しくお願いします
小さな体を折り曲げ、こっちに向かって礼をした
パチパチパチパチ
担任
担任
軽く自己紹介できるか?
莉犬くん
莉犬くん
あ、はい……っと、赤瀬莉犬です。一応男子です。好きなことは音楽を聞いたり、友達とゲームをしたりすることです。
莉犬くん
莉犬くん
今日からよろしくお願いします
パチパチパチパチ
莉犬くん
莉犬くん
(チラッ)
何故かは分からないが転校生が俺を一瞬見た気がする
さとみくん
さとみくん
…?
気のせいかもしれないけど
担任
担任
んじゃあとりあえず席用意しといたから、一番後ろの列
莉犬くん
莉犬くん
…はいっ
担任
担任
桃井の隣だな
転校生は机と机の間を通り抜け、俺の隣の席に座った
クラスメート
クラスメート
よろしくね、莉犬くん
莉犬くん
莉犬くん
はい
俺の右斜め前の女子が声をかけた
_っていうか男子なんだ
ガララララ
他クラスの担任
失礼します。○○先生お電話です
担任
担任
あぁ、ありがとうございます
担任
担任
じゃあ次の時間始まるまで待っててくれ
ガララララ
扉が閉まると同時に教室に笑い声や話し声が響いた
莉犬くん
莉犬くん
……………あの