無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

大丈夫
1,720
2020/01/24 13:14
???
???
大丈夫だよ
さとみくん
さとみくん
え……………?
???
???
だってほら、俺がついてんじゃん
“誰か”は悪戯っぽく笑って見せた
さとみくん
さとみくん
うん
???
???
じゃあ行こ!早く行かないとブランコ取られちゃう!
さとみくん
さとみくん
うん!
そうだ、これは夢だ
小さい頃の夢
この夢が覚えている記憶の半分のうちの片方
この夢を何度も何度も見ている
何回見たってなにも変わらない
その“誰か”の顔すら見えない
声も夢から覚めるとよく覚えていない
さとみくん
さとみくん
やだっ!やだっ!……うぅ、グスッ……………
母親
母親
ほら、行くよ
さとみくん
さとみくん
いやぁっ!(泣)
???
???
さとみくん…………
さとみくん
さとみくん
___くん!
???
???
大丈夫
いつもの悪戯のような笑顔とは違う、優しい笑顔を浮かべた
あぁ、この夢はこの“誰か”と最後に会ったときのことだ
なぜかそれだけ思った
これは“誰か”を失った日
親友誰かを失った日
もうこの“誰か”とは会えないのだろう________
さとみくん
さとみくん
っ……………
夢か…………
気がつくと屋上で眠っていた
まだ昼休みが終わるまで20分ある
少しゆっくりしていこう








俺は小さいころの記憶を失った
それだけでなく、泣けなくなったんだ
理由はよくわからないが、泣けない
泣かないわけでもなくて、泣きたくないわけでもない
泣きたいなんて何度も思った
泣こうと思ったって目から何もでない
呼吸が荒くなって苦しくなる
ただそれだけ
でも
さとみくん
さとみくん
もう………………もう……いい
小さいころからいじめられて親からの虐待を受けていたのも知っている
一時的に児童保護施設に預けられたときに聞いた
センターの人が聞いたことのあるものの中で一番酷かったらしい
あまり衝撃は受けなかった
だってもう覚えてないんだから
両親も、俺のことをいじめたやつも、
住んでいたところも
全部、全部、
だからもう関係ないんだと思ってた
なのにまた、
また繰り返さないといけないのだろうか
親友がいじめられて助けたつもりだったのに、はめられた
それがいじめられている原因
なんで
なんで
なんで
こんな世界なんて
さとみくん
さとみくん
大っ嫌いだ