無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

また、6人で
1,467
2020/04/16 23:17
あたりが少し薄暗くなり、青い空もオレンジ色に変わってきた。
莉犬くん
莉犬くん
……そろそろ帰ろっか
さとみくん
さとみくん
うん
莉犬くん
莉犬くん
…ありがとね
さとみくん
さとみくん
え?
莉犬くん
莉犬くん
…なんか話聞いてもらっちゃって
俯いていて、会ったころとは違った雰囲気だった。
さとみくん
さとみくん
…いつでも、聞くから
さとみくん
さとみくん
莉犬の話なら
今日会ったばかりなのに莉犬は特別なようで、変に意識してしまって
莉犬くん
莉犬くん
…!うんっありがとね
さとみくん
さとみくん
っ…
たまに向ける笑顔は心のどこかで泣いている気がして、それに声をかける勇気もなくて、
ただただ胸が締め付けられた。
一番悲しいのは莉犬のはずなのに
________________________
莉犬くん
莉犬くん
…!うんっありがとね
さとみくんの話を本人に聞いてもらうとか……なにやってんだろ
少し気になって隣を見ると、さとみくんは俺の知らないさとみくんだった。
何年も見てなかったから当たり前だけど何故かそう思って。

でも、
やっと会えたんだ
やっと見つけたんだ
やっと話せたんだ
やっとこの時がきたんだから、しっかりしなきゃ
________________________
???
…!莉犬くんおかえり
莉犬くん
莉犬くん
うん、ただいま
???
何かあった……?
莉犬くん
莉犬くん
ううん、何もない
???
……そっか
???
さとみくんと、会えた?
莉犬くん
莉犬くん
うん、ちゃんと会って話して、海にも行った
???
………
莉犬くん
莉犬くん
だけどやっぱり覚えてなかった。さとみくんからしたら少し話せる友達みたい
莉犬くん
莉犬くん
………でも、やっと会えたんだから最後までちゃんとする
???
うん、お願いね
思い出せなくてもいいから、一緒にいる仲に戻りたい
また、6人で