無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

19❁𖥧ܾ☼
〜放課後〜
宮侑
宮侑
さむ〜すな〜伊藤さん〜帰ろやー
宮治
宮治
おん帰るか
銀島 結
銀島 結
はよ帰ろうぜ
角名 倫太郎
角名 倫太郎
だね
〜帰り道〜
あなた
あなた
???(なぜ私は4人に囲まれているのかな?)
宮侑
宮侑
伊藤さんは女の子なんやから
宮治
宮治
俺らが守らんとな
銀島 結
銀島 結
そうだな
角名 倫太郎
角名 倫太郎
うん
???
???
チラ
あなた
あなた
(ビグ、、なんだろ誰かに見られてる気がする。)
角名 倫太郎
角名 倫太郎
どうしたの?
あなた
あなた
んーなんでもないよー
角名 倫太郎
角名 倫太郎
そっか、(今も不審者は見てるんだろうな)
宮侑
宮侑
ほなまた明日な
あなた
あなた
うん
宮治
宮治
気ぃつけて帰りや
あなた
あなた
そっちもねー
銀島 結
銀島 結
当たり前よー
角名 倫太郎
角名 倫太郎
じゃ〜
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜今日家おじゃましてもいい?
あなた
あなた
え、うん、
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜の話聞きたい
あなた
あなた
わかった
あなた
あなた
ただいま
角名 倫太郎
角名 倫太郎
おじゃまします
ガチャン
???
???
なんなんだ、アイツは(角名)やっと見つけた俺の紗夜ちゃんに易々と近ずきやがって、紗夜ちゃんは俺の物だぞ、
〜家〜
あなた
あなた
ここ座っていいよ
角名 倫太郎
角名 倫太郎
ありがと
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜今日ずっと怯えてた
あなた
あなた
うん、少し怖くて
あなた
あなた
で、でも大丈夫だよ
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜、俺の前では無理しなくていいんだよポンポン
あなた
あなた
ウウウッ、ウ、ウウン、グスッ、グスッ
俺は紗夜の横に座り頭を撫でた
あなた
あなた
辛かっ、た、
角名 倫太郎
角名 倫太郎
よしよし、辛かったね
あなた
あなた
うん、
そして紗夜は小さい子のの様に凄く泣いて泣きまくった、そして泣き疲れたのか俺の肩に寄りかかって寝た
あなた
あなた
スウスウ
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜、、風邪ひく
そして俺は紗夜を布団に寝かせた
角名 倫太郎
角名 倫太郎
軽いな
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
???
???
紗夜ちゃんはホントに優秀だね
あなた
あなた
ありがとうございます
???
???
それにホントに可愛いね
???
???
その、白い肌サラサラの髪、細い腕
あなた
あなた
え、あの、
???
???
全てが愛おしい
???
???
俺のものにしたい
あなた
あなた
へ?
あなた
あなた
あっ、ちょ、
???
???
俺のものにならないかい?
あなた
あなた
いや、
???
???
そんなに怖がらなくても
???
???
可愛がってあげるから
あなた
あなた
いやぁ、離してぇ!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
角名 倫太郎
角名 倫太郎
紗夜!大丈夫?!
あなた
あなた
はぁはぁ、、、はぁ
あなた
あなた
倫太郎ぉ、、
あなた
あなた
ギュー
角名 倫太郎
角名 倫太郎
!?
角名 倫太郎
角名 倫太郎
え、ちょ、さ、紗夜?!
角名 倫太郎
角名 倫太郎
(抱きつかれたら心臓持たないっ)
角名 倫太郎
角名 倫太郎
ナデナデ
しばらくして
角名 倫太郎
角名 倫太郎
落ち着いた?
あなた
あなた
う、うん
あなた
あなた
ありがとう、
角名 倫太郎
角名 倫太郎
うん
あなた
あなた
あと、抱きついちゃってごめんね?
角名 倫太郎
角名 倫太郎
大丈夫だよ
角名 倫太郎
角名 倫太郎
それで、話聞いてもいい?
あなた
あなた
あ、うん
あなた
あなた
あれは中学生の頃の話なんだけど、
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
西田先生
西田先生
紗夜ちゃんはホントに賢いね
あなた
あなた
ありがとうございます
西田先生
西田先生
ホントに自慢の生徒だ
あなた
あなた
言い過ぎですよー
西田先生
西田先生
そんなことないよ
西田先生
西田先生
所で紗夜ちゃんは彼氏とかいるの?
あなた
あなた
いないですけど?
西田先生
西田先生
そっか
西田先生
西田先生
ねえ、(隣に座り手を握った)
あなた
あなた
え、ちょ、先生?
西田先生
西田先生
ああ、なんて柔らかい手なんだ、白くて細くて簡単に折れてしまいそうだ
あなた
あなた
先生何を言ってるんですか?
西田先生
西田先生
そのサラサラの髪に透き通った肌全てが愛おしい
西田先生
西田先生
グイ
あなた
あなた
え、
あなた
あなた
バタン
西田先生
西田先生
あらあら紗夜ちゃんの事押し倒しちゃった
あなた
あなた
離してください
あなた
あなた
ジタバタ
西田先生
西田先生
あーコラコラ笑あんまり暴れないで
そう言って先生は自分のネクタイで私の手首を縛り付けた
あなた
あなた
な、何するんですか、(手が使えないっ)
西田先生
西田先生
俺はね?紗夜ちゃんが入学した頃から紗夜ちゃんが好きだったんだよ。だから卒業してしまう前に俺のものにしたいんだ
あなた
あなた
……です
あなた
あなた
嫌です
西田先生
西田先生
ん?何も聞こえないな
そう言って先生は無理やり口を塞いだ
あなた
あなた
ンーンーン
西田先生
西田先生
んー?大人しくしなよ笑これからもっと楽しいことするんだから
私は思いっきり足で先生のことを蹴飛ばした
あなた
あなた
ドン!
西田先生
西田先生
ううっ
あなた
あなた
ダッ
西田先生
西田先生
紗夜ちゃんそんな所も好きだよ、必ず見つけ出すからね