無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

小鳥遊という人。
.


小鳥遊音晴
小鳥遊音晴
というかどうして君たちが僕の家に?
あなた
あなた
小鳥遊さん、すみません。俺が連れてきたんです
まだ父親と呼ぶには壁がありすぎる。
俺はこの人をちゃんと信用していないのかもしれない。
壮五さんと環は口を開けてパクパクさせたまま動かない。
逢坂壮五
逢坂壮五
小鳥遊社長の息子だったんだね
あなた
あなた
あ、はい……
壮五さんは本当の事を知らない。
俺がこの人とは血が繋がっていない事も。
環には話して欲しくはない、ちゃんといつかこの人に話したい。
環の服の裾を掴んだ。
あなた
あなた
環、壮五さんにはいつか過去の事は話す。だからまだ何も言わないで
小さく呟いた。
環は戸惑っているのか真顔で俺を眺め続けた。
四葉環
四葉環
そんなんわかってんよ、あなたちゃんの負担にならねぇようにする
優しく頭を撫で、まるで子供と接する大人みたい。
あなた
あなた
ありがとう、環
その頃、小鳥遊さんと壮五さんは2人で話をしていたから俺達の話も聞こえてはいなかった。

.
小鳥遊音晴
小鳥遊音晴
今日はありがとう、2人とも。
逢坂壮五
逢坂壮五
いえ、とても楽しかったです
四葉環
四葉環
おう、俺もあなたちゃんの家知れてよかった
その後は4人で環の宿題を見たり、他愛のない話をして時間は過ぎていった。
そろそろ帰らなければいけない時間という事で今日は解散することになった。
逢坂壮五
逢坂壮五
あなたくん
優しく俺の手を握り名前を呼んできた。
思わずドキリとして少し頬が火照るような気がした。
あなた
あなた
な、なんでしょうか
逢坂壮五
逢坂壮五
今日はありがとう。また会おうね
あなた
あなた
そうですね、また俺も会いたいです
環と小鳥遊さんの目線が痛いほど伝わってくるけど今は二人の世界に入っている。
邪魔などされたくない。
ちゃんと壮五さんのことを知ることは出来なかったけど唯一分かるのは真面目で優しくてお人好しなんだろうなってこと。
俺を握る手は冷たくて温かくなどなかったけれど触れ合った部分は熱く、温もりが伝わってきたような気がする。
小鳥遊音晴
小鳥遊音晴
と、とりあえず!明日の仕事も頑張ってね!
俺と壮五さんを引き剥がし、小鳥遊さんは2人を帰した。
息子を取られたくないという気持ちなんだろうか、笑みが零れた。
あなた
あなた
ふっ……小鳥遊さんは本当に俺の事が好きなんですね
2人が去り、玄関のドアを閉めた小鳥遊さんは優しく微笑んでいた。
そして優しく俺を抱きしめてくれる。
小鳥遊音晴
小鳥遊音晴
君はもうひとりじゃないんだ、だから強がらなくてもいい。
愛してくれる人はちゃんといるよ。
という訳で僕をお父さんと呼んでみよう
感動するシーンかと思いきや、きっと小鳥遊さんは俺にお父さんと呼んで欲しかっただけなのだろう。
抱きしめた腕を離し、俺の肩を押した。
期待に満ち溢れた顔をして俺が呼ぶのを待っている。
あなた
あなた
お、………お父さん
小鳥遊音晴
小鳥遊音晴
よし!これから君のお父さんは僕だ。
遠慮なんかしなくていいんだよ?!
あなた
あなた
分かってますよ、お父さん