無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13.
266
2022/03/25 09:13
んー、、、

非常に眠いあなたです
あなた
んん……眠い、
あなた
はっ…今日ミセスのみんなと会うんだった!急いで準備しなきゃ、!
______________________________

プルルルルルルルルルルル____________
画面には『元貴』 の文字。
ちょっと指が震える

だって推しから電話なんて未だ信じられないんだもん、、
あなた
もっ、、もしもし!!
大森元貴
大森元貴
あなたーおはようっ
あなた
おはようっ
大森元貴
大森元貴
もう準備できた?、
あなた
うん!今から出るよー
私は急いで玄関を開けた

あなた
!?!!!?!/////
大森元貴
大森元貴
おはよ、(ギュッ)

えっと、玄関を開けた瞬間目の前にもっくんがいて

その上ぎゅーしてもらってる私

……世界一幸せだと思う。
あなた
ももももももっくん!?!?
あなた
ちょ、こんなとこでまずいって///
大森元貴
大森元貴
んーん??
なんならここで僕はちゅーしてもいいんだよ?
あなた
それはまずいって!!!w
大森元貴
大森元貴
ほら、行こ!
もっくんは自然に私の手に触れてきて

自然に手を繋いでくれた

ほんと、この人出来すぎてるよね(?

こうやって何人の女の子を落としてきたんだろ


な、何考えてるんだろ、私!!
______________________________
大森元貴
大森元貴
あなた連れてきたよー!!
あなた
わーー!みんな昨日ぶり!w
若井滉斗
若井滉斗
おー!!久しぶり…でもないかw
山中綾華
山中綾華
あなたちゃぁぁああぁあぁあんんん!!会いたかったよー!!
髙野清宗
髙野清宗
お、あなたじゃん久しぶり
若井滉斗
若井滉斗
久しぶりって、会ったの昨日ですよ髙氏
藤澤涼架
藤澤涼架
あなたのニックネーム!!昨日寝れたー?
あなた
あ、うんw
山中綾華
山中綾華
え、、?ちょっと
髙野清宗
髙野清宗
今、涼ちゃん…
藤澤涼架
藤澤涼架
え?
若井滉斗
若井滉斗
あなたのニックネームって……
藤澤涼架
藤澤涼架
あぁ、うんwww
あなた
昨日ね、決めたんだよね、w
大森元貴
大森元貴
ねぇえええええどういうこと!?
大森元貴
大森元貴
え、!?なになに涼ちゃんだけあなたのニックネームって呼んでるの?
大森元貴
大森元貴
え、どういう、、?
藤澤涼架
藤澤涼架
昨日の夜あなたのニックネームと電話したんだよねぇ
山中綾華
山中綾華
え!?
若井滉斗
若井滉斗
え"
髙野清宗
髙野清宗
まぁじかいいな
大森元貴
大森元貴
ねええええぇぇぇえ泣
あなたどういうこと?僕とおやすみLINEした後に涼ちゃんと電話してたってこと、?
あなた
あ、、うん、、。
大森元貴
大森元貴
……なにそれぇ泣
大森元貴
大森元貴
あ、だから涼ちゃんに電話しても出てくれなかったのか!!
藤澤涼架
藤澤涼架
あ、そうだったの?wごめんんん
大森元貴
大森元貴
もう涼ちゃん嫌いー!!
藤澤涼架
藤澤涼架
ねぇ元貴ごめんってぇw
若井滉斗
若井滉斗
おぉ、元貴が涼ちゃんに怒ってますね
大森元貴
大森元貴
ねぇええ、あなた、今日は僕と電話だからね!?
あなた
うん、、!w
髙野清宗
髙野清宗
えーーじゃあ明日は俺と夜通話かなぁ?←
大森元貴
大森元貴
高野と通話なんてぜってぇさせないから。
髙野清宗
髙野清宗
ご、ごめんって←
山中綾華
山中綾華
えーなんなら私もしたいんですけど
あなた
綾ちゃん今度女子トークしよー!!
山中綾華
山中綾華
おぉいいねえ!!
さすが私のあなたちゃん♡
若井滉斗
若井滉斗
だったら俺もする()
大森元貴
大森元貴
はぁあああ!?若井なんて1番させたくないわ!!変態!!
若井滉斗
若井滉斗
誰が変態だよ←