第5話

雨音が響いていますね 忍 Waku
538
2023/02/06 07:51
少年忍者デビューしてます

別れてます
友「最近デビューした少年忍者ってグループ知ってる?」


あなた「あ〜、ジャニーズ最大人数でデビューしたグループ?」


友「そうそう、こないだYouTube見て、ハマっちゃって笑」


あなた「そうなんだ苦笑」


友「特にさ元木湧って子が好きでさ笑」


友「めっちゃ面白いし、かっこいいんだよね」


あなた「そうなんだ苦笑」


友「そういえばあなたはどうしてジャニーズ詳しいの?」


あなた「お母さんが好きだったのと、幼馴染がジャニーズだったんだよね」


友「え、誰!誰!」


あなた「言えないよ、色々あったし苦笑」


友「そっか〜、でもいつか言える時に言ってね!ちゃんと受け止めるから笑!」


あなた「うん、ありがと笑」


颯太「わく〜、あなたちゃんに合わせてよ!」


廉「あなたちゃんって誰ですか?」


颯太「あれ、?久保廉知らない?」


颯太「あなたちゃんはね、湧ノ(((」


皇輝「うっちーそれ以上言っちゃダメ」


颯太「なんで〜」


皇輝「あれ?うっちー知らない?」


湧 頷く


皇輝「あ、ごめん、まじでごめん」


湧「いいよ、悪気があっあわけじゃないし、それにそろそろ話すべきでしょ?」


皇輝「振り切れたの?」


湧「ん〜まだ、かな苦笑」


皇輝「なら無理に話さなくても」


光成「あの〜お二人さん一応、メンバーいるからね?」


光成「陸人、弟組連れ出してくんない?あじと一緒に」


陸人「ん〜、いいよ」


光成「湧、無理に話す必要は無いと思うけど話したいなら話な俺らはちゃんと受け止めるから」


湧「別れたんだよ、俺がデビューするからって」


尚大「は、ガチ!」


湧「ガチじゃなかったらこんな話しないし、久保とかも外に出さないから笑」


滉平「湧さんはそれで良かったの?」


湧「ん〜、どうだろ」


竜生「てか、同棲してましたよね?」


湧「してたよ、帰ってきたら手紙が置いてあって、」



湧「デビューおめでとう、それからさようならって泣」


颯太「そうだったんだ、ごめん」


颯太「無責任な事聞いて、」


湧「俺も言ってなかったらから大丈夫」


湧「あとその下に『雨音が響いていますね』って書いてあったんだよね」


湧「あれどうゆう意味だったんだろうって、」ガチャ


陸人「あなたを愛していましたって意味だよ」


湧「とよりく、それから将聖たちまで」


陸人「ごめん、みんなが行きたがっちゃって笑」



湧「てか、さっきの」


陸人「あぁ、夏目漱石の言葉」


湧「だから、豊陸が知ってんのか」


秀生「てか、湧泣いてる?」


湧「あ〜、なんでだろうね、吹っ切れたつもりだったのに、、」


湧「ごめんなぁ、情けない姿見せて、すぐ泣き止むから、」


廉「なさけなくないですよ、泣いていいですよ、俺たちもう子供じゃないですよ?」


海琉将聖「そうですよ」


湧「あぁ〜、そうだったな笑泣」






湧「よし、もう大丈夫、ありがとなみんな笑」


皇輝「よし、じゃあ湧、最後に締めてもらってもいいですか?」


湧「じゃあ、元木〜」



少年忍者「ワクワク!」


最後の雑さが、、、、
終わり方が分からなくなってしまって、雑になってしまった。
投稿遅れてすみません
人が決まらなかったのと、話が思いつきませんでした
今回駄作すぎて、ちょっと困ってます、書き直す気力があったら書き直すかもしれません笑





『雨音が響いていますね』


貴方を愛していました

プリ小説オーディオドラマ