無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ke☆n☆pe☆i☆da☆nの2人
ヒッチ「ねぇ!アニ!今度、ドラマの仕事入ったよ!」

アニ「それで?」

ヒッチ「調査兵団と共演だってー!」

アニ「それで?」

ヒッチ「そのさぁ、それで?って言うのやめてくれない?」

アニ「他に表現が見つかればね」

ヒッチ「まぁいいや。てなわけで今からストヘス区撮影所に行くよ。」

アニ「行ってら。」

ヒッチ「あんたも行くの!」

────ストヘス区撮影所────

ヒッチ「うわっ!くっさぁぁぁあぁぁぁぁぁ
ぁあぁぁぁぁあぁぁぁぁ」

アニ「あんたうるさいね。」

ヒッチ「はぁ?どう考えたって臭いでしょうが!」

アニ「確かに臭いけど、あんたに押し付けられた人探しのおかげで慣れたよ。」

ヒッチ「嫌がらせ!?」

アニ「さぁね。」

────ストヘス区撮影所の楽屋────

ヒッチ「まぁこんなもんよねぇーこの部屋及第点ってとこね~」

アニ「くれぐれも兵舎みたいゴミの山にしないでね。」

ヒッチ「あれは、必要だから置いているの!」

アニ『やれやれ😥…』

||☆\“(・_・。)コンコン

アニ「誰だろう…」

ヒッチ「ファンじゃないの?わ☆た☆し☆の☆」

アニは十中八九違うことを知っている。

アニ「ガチャ ||.c( ゚ω゚`|」

エレン「おー!アニ!久しぶりだな!」

アニ「一昨日買い出しで偶然会ったばかりじゃないか。」

ミカサ「エレン。この女と一緒に行ったの?」

エレン「偶然会っただけだよ…」

ミカサ「ならいい。エレンに手を出したら削ぐ。」

アルミン『めんどくさいなぁ…』

サシャ「ところで!楽屋にお菓子余ってませんか!?」

アニ「まぁ、少しあるけど…」

サシャ「神様!?」

クリスタ「私達もこのドラマ出演することになったんだ!よろしくね!」

アルミン『天使…』

ジャン『女神…』

ライナー『結婚しよ』

アニ「あぁ、よろしく」

ベルトルト『アニと共演か…嬉しいな…』

ヒッチ「うわぁ!お茶がこぼれたんだけど!?」

アニ「すまないね…また今度。」

ミカサ「ええ…」

アルミン「じゃあこのあとの撮影現場でねー!」

|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ

アニ「いい加減部屋汚すのやめてくれない?」

ヒッチ「このお茶の置き方が悪いのよ!」

アニ「それで?」

ヒッチ「そのさぁ、それで?って言うのやめてくれない?尋問されてるみたいで嫌なんだけど。」

アニ「尋問しているんだけど?」

ヒッチ『マジかよ…』



……To be continued

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

舞衣(˙˘˙̀ ✰
舞衣(˙˘˙̀ ✰
大阪府在住! 中学二年生! 進撃の巨人めっちゃ好き! 銀魂も超好き! どっちも数年前から見てます☆
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る