無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

♛ JM
うそ……

凄い…………可愛い…………

でも、





『なんで……』

🐣「なんか二重人格って面白くない?」

『…面白くないです』

🐣「え、うそ」

『素でいた方がヤンキーくんも友達増えると思いますよ』

🐣「まって?僕が友達少ないのも知ってるの?」

『流れてきました』

🐣「川から?」

『……馬鹿なんですか?』

🐣「勉強は割とできる!」




馬鹿確定だ




『ヤンキーくんの素はどっちなんですか?』

🐣「んー僕も分かんない!」
ほんとに馬鹿だ。




🐣「あ、なんでここに居るの?」


『買い物です』


🐣「カカオフレンズ好きなの?」


『はい!ライアンめっちゃ好きです!!
あの色といいあの顔といい……全てにおいて完璧なんですよ!!あんな完璧な男います!?!?生まれ変わったらライアンと結婚します』


🐣「僕もアピーチが好き!!!
あの色……癒されるし、、なんと言っても目!!!!あのエロ目みたいな目がたまらないんだよ…… 生まれ変わったらアピーチと結婚する」


『あ、なんか今ヤンキーくんと何かで繋がってるようなきがしました』


🐣「さっきから気になってる事言っていい?」


『どうぞ』


🐣「僕名前ジミンだから!!高二ね!」


『え、先輩だったんですか』


🐣「1年生か!よしよし!僕がライアンのもの何か一つ買ってあげる!持っておいで!!」


『やったー!!!!!!!!!!行ってきまーす!!!!!!!!!』


🐣「うん!」











🐣「………………………………あぶね、」
私が走ってライアンのところまで行ったあとにヤンキーくんがこんな事呟いてたなんてこの時の私は知らない