無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

♛ JM
しかも普段笑顔なんて見せないで怖い顔ばっかりしてるのにアピーチ見つめながら凄い細めで笑ってるんですけど……



私服すごいオシャレだしなんなのこの人……!!


しかもイケメンで可愛いし!!!!なにこの天使!!!!!






🐣「……なんですか」

『はっ!!!!!!』

🐣「僕のこと見てました?」




いやヤンキーのくせに一人称僕かよ!!!!

私の事誰か分かってないのかな?

……当たり前だよね。話したことないし。





『いやいやいや!!見てませんよ!!!ヤンキーくんがアピーチ見て細めで笑ってる所が凄く天使で可愛すぎたところなんて見てないです!!!!』

🐣「凄い見てるし」
🐣「………まって……………え?」

『え?』

🐣「僕の学校の人?」

『一応……』

🐣「まじかよ〜!え〜!はずっ!!」
『え、ちょちょちょちょっと待ってください』

🐣「ん?待つよ?」

『あのー、普段のヤンキーくんのオラオラ系は一体どこへ……』

🐣「君だけに教えるね」








🐣「あれ演技だよ」







『へっ??』

🐣「あれは演技。これが本当の僕ね。」