無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

幸せにするから。
ジン
ジン
たっだいまー!
テテ
テテ
ただいまー!
you
you
オッパーーーー!
ジン
ジン
おいで!あなた!
(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー
ジン
ジン
え。なんで、僕じゃないの?
テテ
テテ
どしたの?あなた‥?
(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー
テテ
テテ
あなたから、ハグするなんて珍しいね。
you
you
あとで部屋来て?
テテ
テテ
あ~、うん?
コンコン
テテ
テテ
どしたの?あなた。
you
you
‎(இдஇ; )
テテ
テテ
えー!?ごめん!なんかしちゃった!?
you
you
( º﹏º。 )ウウン
you
you
あのね、グクとね、ケンカしちゃったの。ヒックヒック
テテ
テテ
喧嘩の内容は?
you
you
グクが将来の夢はデブかってボソッと言ってきたの。だから、許せなくて。でね、一人で帰ろうとしてるときに、ナンパ男にナンパされたの。でね、自分で頑張って、退治したの←
けどね、グクがそれを見てたの。なのに助けてくれなかったの。それも、許せなくて。男らしくなくて、嫌になっちゃって、それから、ずっと無視←
テテ
テテ
あなた、、、
















































グクが全部悪いじゃん!
you
you
何、その間
テテ
テテ
じゃあさ、僕にしたら?
you
you
え?
テテ
テテ
俺が、幸せにするから。
you
you
プッ!何それ!オッパー!冗談やm
(つ・ω・(-ω-*)ダキッ
you
you
オッパ?
テテ
テテ
なんで、なんで俺じゃダメなの?グクよりも幸せにする、笑顔にする自信あるのに…
you
you
ありがとう。私、ちょっと、気持ちリセットして考えてみる。
テテ
テテ
うん。バイバイ!(*´罒`*)ニヒヒ♡
ガチャン
テテ
テテ
告白しちゃった。
✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄
you
you
告白されちゃった。
ピロン
グク
グク
あなた、俺の部屋来て。
you
you
(既読無視)
✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄
グク
グク
あっ!既読ついた!
コンコン
グク
グク
(来たかな?)どうぞー
ジン
ジン
(゚∀゚)アヒャ!
グク
グク
ヒョンか。
ジン
ジン
え。なにそれ。シュガちゃんから、プレゼントだよん!
ユンギ
ユンギ
どーぞー
グク
グク
ありがとう!
グク
グク
何かなー?
グク
グク
iPhoneケース?なんで、2つ?
ユンギ
ユンギ
あなたと、お前おそろい。あなたにわたして。
グク
グク
え。あ~!ありがと!ヒョン!
ユンギ
ユンギ
おう
ガチャン
you
you
あっ、オッパたち!
ユンギ
ユンギ
よっ!
ジン
ジン
😀
ジン
ジン
二人でごゆっくりー!
ユンギ
ユンギ
バイバイー
ガチャン
you
you
で、何?
グク
グク
ごめん。あれは、冗談なんだ。
you
you
グクが冗談って思ってても、体型のこととか言われると、女子って傷つくの。私だって、女子。グクの彼女だからって、グクが何言っても私が許すわけではないの。
グク
グク
うん。本当にごめん。
you
you
それと、なんで助けてくれなかったの?
グク
グク
you
you
分かってるでしょ?
you
you
私は、ナンパ男に拉致されかけたのに、なんで、彼氏なのに、助けてくれなかったの?
グク
グク
ごめん。
you
you
どうせ、自分が許してもらう方法しか思いつかなくて、体も動かなかったんでしょ?グクはさ、許してもらうために、食べ物で釣ったりしようとしてたり、自分が今助けたら、許してもらえるな。とか思ってたんでしょ?
グク
グク
ごめん。
you
you
それがやなの!もう、、、もう、、、いい加減にしてよ。。。
ジミン
ジミン
どうしたの?
you
you
ううん。。何にもない!‎‎
ガチャン
ジミン
ジミン
グガ、あなたに何やっちゃったの?
グク
グク
冗談で、将来の夢は、デブかって言った。
ジミン
ジミン
お前、バカなの?
グク
グク
え?
ジミン
ジミン
さっき、あなたテヒョンから告白されてた。
グク
グク
え。
ジミン
ジミン
あなた断らなかったよ。
ジミン
ジミン
多分、今、すっごい考えてると思うよ。
ジミン
ジミン
グガ、言うけど、多分あなたグガのこと振るよ。
グク
グク
なんで?
ジミン
ジミン
今の、あなたには、テヒョンかグガしか目に入ってない。けど、グガがどんどん薄れていく。
ジミン
ジミン
やがて、テヒョンに恋愛感情を持つ。それが、僕の予想。
ジミン
ジミン
これで、グガはどう出るか。グガも考えてみたら?
✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄✄
はーい!
終わり!
すごい、ダイナミックなケンカになってきたね。
てことで、アンニョン!