第66話

66
ジョングクside
イヤモニを忘れたから楽屋に戻ると
テヒョニヒョンの携帯を触るあなたさんの姿。
You
You
毎日楽しみにしています?
彼女が何か言ってるのが聞こえた。
You
You
だから、
当時はたまたまここで名前を呼んだけど
このタイミングで名前を呼んでよかった。
だって
テヒョニヒョンの携帯には
"だから、、、
また明日も明後日もこれからずっと一緒に…
この意味わかるよね?"
と……
グク
グク
ヒョン……
ヒョンがあなたさんのことを気になりかけてるのは分かってた。
だってよくあなたさんのことを見てるから。
だけど……
ヒョン……
僕、
2年前に言ったじゃん…
あなたさんに一目惚れしたって…