第29話

29
私がそう言うと
少し時間が開き
そうなんだ。
と素っ気なく返された。
それにしても
テヒョンさんまで聞こえてたの……
テテ
テテ
……………
沈黙が続くこの時間
私が疑問になっていたことをきく。
You
You
あの、
You
You
えーと……それを聞くために?
そう、それを聞くためだけに私を止めたのか。
別に他になんかないのか欲してるんじゃなくて、
それじゃ、ユリに言い訳が出来ない……
テヒョンさんに行くのか聞かれたなんて言っても
きっとそんなんだけでこんな掛からねぇ!
ってきっと燃えるから
そしてまたもや始まるこの沈黙タイム
もうどんなに怒られるかわかんないけど
ここでずっと待つより
早く行った方が……
You
You
ごめんなさい。
You
You
少し時間が無いので……
You
You
失礼します。
私は早口言葉のように言いながらお辞儀をし、
テヒョンさんの言葉を何も聞かず
私はその場を立ち去った。
だけど微かに
テテ
テテ
まって……
と聞こえたのは気のせいだろうか。
いや、きっと気のせいなんかじゃなかった。