第44話

44
けど。
ユンギさんの横を通り過ぎようとした瞬間
ユンギ
ユンギ
あなたさんのこと信じてるから。
You
You
へ?
そう言って練習室に戻った。
"信じてるから"
まるで何もかも知られているよう
でも、
ありがとう。
口では話せないから
心の中で何度も言う。
だけどフワフワしてた気持ちは一瞬にして消えて
怯えてどこかに隠れた
ソヨン
ソヨン
ちょっとあんた。