無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
「水無s…」
心配そうに少年は少女へと呼び掛ける
桜羽サクラハ‼私は、桜羽あなた!』

少女はなにかを吹っ切ったように
少年の言葉を遮った。
『私は…水無瀬なんかじゃない。』
涙を溜めた瞳を、澄み渡った青空へ向け
少女は微笑んだ







.。・゜°☆°゜・。.。・゜°☆°゜・。.










あなた方は私を、きらきらと輝く世界へ



連れ出してくれた。



あの、黒く、大人達の欲望と思惑と嘘に



まみれた、あの場所から



感謝してもしきれない。























お父様、お母様



私は、あなた方にとって、なんだった



のでしょうか?



私は、…私はッ、………



…私は、羽ばたき自由になる



おばあ様、どうか、見守りください



きっと、きっと…………………
















.。・゜°☆これは様々な思惑に惑わされながらも






強かに、頑張り続ける“あなた”の物語☆°゜・。.