プリ小説
お題コーナー

第32話

story24
TH 「.........えっと、誰ですか(  ˙-˙  )」
?? 「おっ、テヒョン!!」
JK 「...うん、誰。」



























.
JK 「なんだ~てひょなのヒョンだったのかよ」
JN 「え。悪いかよ」
TH 「暗かったから見えんかったし。」
TH 「てか、なんで急に来た」
JN 「急じゃなくな~い?」
TH 「...は」
JN 「カトク見なさいよ~」









.
じん
じん
てひょーーーーん?
じん
じん
てひょーーーん?
じん
じん
てててててててててててててててててててててててててててててて?
じん
じん
てひょなあぁぁぁぁ?
じん
じん
今から家行くねん








.
TH 「こんなに?」
JN 「おん」
JN 「3時間も待ってたんだからぁ~!!」
JN 「ハーゲン奢れよぉ~!!」
TH 「ヒョンが来たから悪いんでしょ(  ˙-˙  )」
JK 「それな」
JN 「グクまで~!!」
TH 「ハーゲンは奢らねぇよ」
TH 「ガリガリ君で我慢して(  ˙-˙  )」
JN 「......じゃいらね。」
JK 「...てかなんで来たんですか(  ˙-˙  )」
JN 「寂しかったから♡♡((」
JK 「ちょまて、俺と同じやん」
JN 「(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ」
JK 「(  ˙-˙  )」
JN 「ノリ乗れや(  ˙-˙  )」
TH 「んでなに、泊まりに来たの?」
JN 「そそ、話が早いねぇ~」
TH 「いや、グガも泊まりに来てる(  ˙-˙  )」
JN 「知ってるよ?」
TH 「うん、だから出てって?」
JN 「無理無理無理無理無理無理。」
TH 「文句あんのかよ」
JN 「.........ないけどぉ~」
TH 「...はぁ(  ˙-˙  )」
TH 「...分かったから、ヒョンはソファで寝て。」
JN 「おけまる~」
JK 「僕ちんは?」
TH 「...お前は俺と同じ。」
JK 「さっすがテヒョンくぅん♡♡」
TH 「...トイレにする?」
JK 「あ、喜んで同じにさせていただきます(  ˙-˙  )」


















.

ー翌日ー



JN 「ばいび~!!また来るねん」
TH 「無理。」
TH 「学校行くんで。」
JN 「ドケチぃ~!!←」
JN 「も~バイバイ!!」
TH 「(´-ι_-`)はぃはぃ。」
JK 「面白いヒョンやね」
TH 「くだらねぇ(  ˙-˙  )」
JK 「あれジミンじゃん!!一緒に行こーぜ」
JM 「お~やほ、一緒に行こー」
TH 「ん、」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お題コーナー
ちょんになりたい。
ちょんになりたい。
ど う も . ち ょ ん に な り た い 。 い む に だ . 最 近 皆 に 憧 れ と か フ ァ ン と か 愛 し て る と か オ ン ニ と か 言 わ れ ち ゃ っ て 浮 か れ て る 僕 ち ん . 迷 っ て 止 ま る よ り , 迷 っ て 進 む 方 が マ シ だ . 同 じ 人 間 だ か ら こ そ , 1 つ は 共 通 点 ぐ ら い あ る . 0 6 l i n e 9 . 1 2 ふ ぁ ん ま ➮ 🍊🌈 ふ ぁ ん ね ➮ 自 分 の 名 前 + み ー 「 「 「 皆 大 好 き 」 」 」 ____________ 見 つ け ち ゃ っ た よ 、( 🍎🌈 ____________ と う た ん 。 と 結 婚 し ま し た !! 僕 ち ん お 婿 さ ん !! ____________ ず っ と 待 っ て る 。ま た ピ ー ナ ッ ツ ち ょ ー だ い よ 。☁ 🌙 ____________ 🍩🍴 ☁🌙 🌸🐝