第2話

2
304
2018/11/11 02:13
僕はあの日何も無い一本道を一人で歩いていたんだ。
そこには1人の女の子が泣いていたんだ






























僕が大丈夫ですかって言うと彼女は…



















大丈夫です!って悲しい顔で言ってたよね。











僕は思わず君を抱きしめてしまった。










だってさ、















君を守りたいと思ってしまったから。










これは君と僕のストーリー


プリ小説オーディオドラマ