無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

442
2021/08/11

第16話

15


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





























パチッ…………






あれ、今何時……………






結構寝てた…………てか、ここー…どこ??………


饗庭あなた
チッ………(ムカつく…頭いてぇ…)
………………
やぁ、目覚めたかい?
饗庭あなた
……………
饗庭あなた
なに、なんか用?
饗庭あなた
高熱だして、二日酔いで倒れた私をバカにしに来たの?………太宰
太宰治
太宰治
私がそんなことをすると思うかい?
饗庭あなた
…………さぁ?





コツコツコツ………








太宰は、私のとこに行き…そこにかけた。







スッ………


太宰治
太宰治
あなた君、私から話したいことがあるのだ。
饗庭あなた
お説教かな
太宰治
太宰治
いいや違うよ。
饗庭あなた
……………………
太宰治
太宰治
すまない。
饗庭あなた
?…なんで謝るの…
太宰治
太宰治
君が倒れたのは…………
太宰治
太宰治
私のせいなのだよ…
饗庭あなた
………なんでそうなるの…私貴方のせいとか一言も言ってないけど…
饗庭あなた
まさか、薬でも仕組んだ?
太宰治
太宰治
いいや、そんなことをする私ではない。危険なとき以外ね。
饗庭あなた
じゃあなんでよ
太宰治
太宰治
君が無理をして、酒を飲んでいたことは知っている。
おそらくそれは、私に気を使わせないためだろう。
太宰治
太宰治
私は酒を何本か飲むのだけれど、君はそう飲めない。
饗庭あなた
なんで知ってるの…
饗庭あなた
お酒弱いこと……
太宰治
太宰治
他の社員と飲食店等に行って、君がお酒を飲んだ所は見たこと
なかったからね。
太宰治
太宰治
君が思うにとった行動は、私と同レベルに酒を飲むことだ。
饗庭あなた
……………………
太宰治
太宰治
そして決して表情に出さず自ら嫌々飲んでいた。と言ったとこか…
饗庭あなた
………
太宰治
太宰治
どうしたのだい?
饗庭あなた
いや、全てお見通しだなって…
太宰治
太宰治
…それに、その時君は微熱があったのだ。
饗庭あなた
…………
太宰治
太宰治
そしてさらに、酒を飲んだ事により
高熱となって、頭痛、体のだるみなどの症状がでた。
太宰治
太宰治
違っているかい?
饗庭あなた
さぁ、どうだろ……
太宰治
太宰治
私の目はごまかせないよ。
たとえ、あなた君でも。
太宰治
太宰治
あっ、そうだ
饗庭あなた
太宰治
太宰治
ちなみに後、3日後だよ。
饗庭あなた
え、三日………三日?
饗庭あなた
なにがぁ………
太宰治
太宰治
わからないのかい?
饗庭あなた
………あ!……
太宰治
太宰治
やっと気づいたのだね~
饗庭あなた
まって!一刻も早くここから出ていかないと!
太宰治
太宰治
それは大丈夫。全て私がしてあるから。
饗庭あなた
……明日は雪かな?
太宰治
太宰治
降りはしないよ。
饗庭あなた
だよね