無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

497
2021/06/22

第37話

太宰治誕生日編 3
太宰治
太宰治
……私では…あなた君に、釣り合わないのかもしれない
坂口安吾
坂口安吾
どういうことですか?
太宰治
太宰治
君達がご存知の通り…私はポートマフィア五大幹部だ。
織田作之助
織田作之助
そうだな
太宰治
太宰治
当然人を殺めてる…それも大量に………
でも、あなた君はどうだ…誰一人と殺していない…
太宰治
太宰治
完全悪に浸っている者と、完全善人の者…
太宰治
太宰治
当然釣り合わないに決まってる
織田作之助
織田作之助
……そうか?
坂口安吾
坂口安吾
僕は釣り合うと思いますよ
坂口安吾
坂口安吾
だって…ねー?織田作さん
織田作之助
織田作之助
あー、そうだな。
太宰治
太宰治
なんか空気を読まれてる…
太宰治
太宰治
しかしこの気持ちは……少々辛くてねー…
太宰治
太宰治
いや…少々じゃなくて…相当だ…
織田作之助
織田作之助
俺にはその気持ちはわからん…が…友の気持ちはわかりたい
織田作之助
織田作之助
話してくれ
太宰治
太宰治
……そもそも矛盾しているのだよ
坂口安吾
坂口安吾
何がです?
太宰治
太宰治
他の人と幸せになってほしいのだけれど…あなた君を誰の手にも
渡らせたくなく…自分のものになってほしい…
太宰治
太宰治
可笑しい矛盾だよ…この世で最も……難しい矛盾…
織田作之助
織田作之助
それは、探偵で云う…難事件だな
太宰治
太宰治
_____プハッ笑、ハハハハッ笑…
相変わらず、君といても飽きないよ。
太宰治
太宰治
君が…この世にいたら……私の人生は……
大きく変わっていたのだろうね。…君が死でもだけれど
織田作之助
織田作之助
?、太宰、今日お前……おかしな事云うな
坂口安吾
坂口安吾
今云ったことも、可笑しいですね。
太宰治
太宰治
そうかい?、未来の話をしているだけじゃないか。
坂口安吾
坂口安吾
前向きです。
織田作之助
織田作之助
確かに、安吾の云う通りだな。
太宰治
太宰治
私達3人で、また会話出来る日が来るなんて…
思いもしなかったよ。
坂口安吾
坂口安吾
まぁ、そうですね。私達は危険な職業ですし。
太宰治
太宰治
………そういう意味じゃ無いのだけれど…(ボソッ…)
織田作之助
織田作之助
何か云ったか?
太宰治
太宰治
いいやー、なーんにも
織田作之助
織田作之助
…太宰、お前が誕生日の日にこう言うのは…可笑しいと思うが…
織田作之助
織田作之助
悪い事は言わない…早く"起きた"方がいい
太宰治
太宰治
……な、何を云うかと思えば…織田作、
君はこれが夢だと思っているのかい?…
織田作之助
織田作之助
あぁ、そうだな。
太宰治
太宰治
これは異能…
織田作之助
織田作之助
いいや、違う。これは、太宰…お前が視ている夢の中だ
織田作之助
織田作之助
お前がさっき云っていた様に…俺はもう死んでいる
太宰治
太宰治
ヤ…ヤメてくれ…これは、夢なんかじゃない…これは…現実だ…
織田作之助
織田作之助
俺が死んだことによって…お前は今、武装探偵社に…
太宰治
太宰治
違う!!!…
坂口安吾
坂口安吾
太宰君…
太宰治
太宰治
これは、…決して…夢等では……
太宰治
太宰治
これが夢だとして…覚めろと云っているのは…
太宰治
太宰治
残酷過ぎるのだよ…せっかく…せっかく、織田作に会えたのに…
また、別れろだなんて……悲哀過ぎる…
織田作之助
織田作之助
………太宰、…お前は現実に戻るんだ。
今のお前の居場所でも…太宰を待ってくれてる人は…沢山いる
太宰治
太宰治
……………………
織田作之助
織田作之助
太宰?
太宰治
太宰治
……織田作、君は…友が好きかい?………