無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
まね「今日は週間アイドルだからな!」
まね「あ。TWICEさんと」
🐤「TWICEさんか…」
🐨「あんま共通ないな…」
🐯「嫌、」
🍴「喋れない。」
🐴「こんにちは。いや…안녕!いや…これもな…」
🐰「ヨジャ…」
👴「だる」
まね「みんなで言うなよ…って…」
「TT~♪」
「ナヨン♪ジョンヨン♪モモ♪サナ♪ジヒョ♪ミナ↑♪ダヒョン♪チェヨン♪ツウィ♪うりまらTWICE♪」
まね「あなためっちゃのりのりやんけw」
「だって!TWICEちゃんと初めての共演だよ?!」
🐰「ぬな…」
____________________
M「週間アイドル!!」
🎤「ハナテューセ!」←ジヒョ
T「ONE IN A MILLION 안녕하세요!TWICEイムニダ!」
🐨「バン!」
B「タン!안녕하세요!방탄소년단イムニダ!」
ONCE「TWICEー!!!!」
ARMY「きゃぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁあ」
M「愛嬌対決ぅ!」
「(b`>▽<´)-bイエーイ☆゛……ってなんで皆喜ばないん!」
👴「愛嬌対決好きなのぬなだけっすよ」
「え?!嘘!TWICEちゃんの中にもいるよね?!」
🍑「さーたん得意やない?笑」←ももりん
👧「それな!」←ジョンヨン
💄💋「え?笑笑」←サナ
「サナちゃん!得意?!」
💄💋「得意な事は得意ですけど…」
😈「ごめんなさい笑照れ屋さんで…笑」←ナヨン
「照れ屋さんね…」
🐤「ぬっぬな?」
「分かった!愛嬌対決しよ!」
💄💋「はい…!」
👶「お!オンニ頑張ってください!」←チェヨン
ダ「オンニぃ!」←だひょん
ツ「ファイトぉ!」←ツウィ
M「それでは行きましょう!あなたさん!意気込みをどうぞ!」
「えーーーーと、愛嬌ないですが愛嬌は大好きなので勝てる自信があります!!!!!」
🐯「oh!さすが!」
🍴「よ!防弾のぬな!!!」
👴「ぬな、勝ったらジニヒョンの奢りで焼肉行くぞ」
「え?!マジ?!」
🍴「え。」
ARMY「wwwwwwwww」
M「ww仲がいいですねwそれではサナさんも!意気込みお願いします!」
💄💋「私は、愛嬌がある?と言われてるので…頑張ります!」
🐧「サナ行けぇぇぇ」
😈 「どりゃぁぁぁぁぁぁぁあ」←
ONCE「さーたん頑張れ!!!!!!」
M「それでは!あなたさんからお願いします!」
「ぬなを捨てまっせ!」
「오빠~!あなたな、あなたな!ハンバーグ食べたいねん♡ええやろ~??」
🐰「ヴ」
🐨「落ち着け落ち着け」
M「ありがとうございました!どうでしたか?」
🐯「シンプルにビックリしました(   ˙-˙   )」
🐤「ほんとにぬなを捨てましたね(ง ˙o˙)ว」
🐰「かっ…可愛かったですぅぅ😭😭」←
🍴「ぬな最高∠( ˙-˙ )/」
ARMY「きゃぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁああなたちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん💗💗💗💗💗💗💗」←
「好評ですね笑」
M「次はサナさん!」
💄💋「さな、怖い夢見てしもうたんやけどぉ…一緒に寝てくれへん?」
M「お!ありがとうございました!」
🍑「良かったで~!」
👧「もう少し行けたかもね笑」
💄💋「ホンマにあなたさんには叶わんで笑」
「いやいや!!!めっちゃ可愛かったでな♡♡」
💄💋「ありがとうございますッ!!」
M「という事でおわりでぇす!」