無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
👴「あー。終わった」
🍴「疲れた😲」
🐤「僕達出番なかったよね」
🐯「そ☆れ☆な」←
「ちょっとTWICEちゃんの楽屋いってきまーす♪」
___________________
「失礼します(*・ω・)*_ _)ペコリ」
💄💋「あ!あなたさん!」
😈「?!こんにちは!」
😈「ほんと?!さっきも会ったけど…初めまして!」
「初めまして~!」
「やっぱりTWICEちゃんは可愛いな笑」
🍑「そんな…!憧れの先輩に可愛いだなんて…///」
👶「やっぱり生で見た方がより輝いてます!」
「いやいや笑私はゴミよ笑」
ツ「はぁ?!」
「え?」
👧「ツウィ!!」
ツ「ゴミなんかじゃありません!!!」
「あ笑そう言うことね笑怒られたかと思った笑笑」
ダ「♡♡♡」←
「そうだ!皆さ!オンニ呼びしてよ!」
🐧「いいんですか?!」
「うん!タメでいいよ!」
💄💋「いいなら是非!オンニ♡」
「いやだぁ♡もうサナちゃんったら♡」←
😈「オンニって面白いですね!」
「そーかなー?」
T「はい!」
「笑じゃあ私はもう行くね!」
🐧「オンニ…(´;ω;`)」
👶「帰っちゃやーだ!」←
🍑「オンニィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ」←
💄💋「今度日本行こッ!」
😈「oh......幸せな時間は過ぎ去った…」←
👧「オンニッ!」
🎤「カラオケ行こ!」
ツ「愛してます。大好きです。사랑해요。사랑이。」←
ダ「愛嬌可愛かった!」
「皆ありがとッ♡안녕!」
T「안녕(இдஇ`。)」
__________________
「ただいm」
🐯「僕のライオンさんだよ!取らないでよ!」
🐤「SNSにあっぷしたいの!少しぐらいいいじゃんか!」
「なんであの2人喧嘩してんの。」
🐴「なんかジミナがテヒョンのライオンで写真を撮りたいんだって。けどテヒョンがライオンを貸してくれなくて。この状況」
「うわ。くだらな」←