無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

どうして気付いてくれないの…?
琉華side
有栖川 琉華
有栖川 琉華
ねぇ、あなた。
どうして気付いてくれないの?
僕はずっと待ってたのに。
あなた

ん?なぁに?

その笑顔で、その綺麗な笑顔で僕を照らさないで。
僕にその光を当てないで。
有栖川 琉華
有栖川 琉華
なんで…気付いてくれないの…((ボソッ
あなた

ねぇ、琉華。

そう僕の名前を呼んだあなたの顔は、真剣な顔だった。
僕の心に触れる君は何時いつだって、笑顔なのに。
なんでそんな悲しそうな顔をするの?
なんでそんな、






『憐れんでいる顔をするの?』




あなた

琉華、そんな顔しないで。
私が付いてるから。

本当に?その言葉、信じていいの?
僕は裏切られた記憶を忘れない。
永遠に。
あなたが居るから僕が生きてる。
じゃあ、あなたは何で生きてるの?
僕で生きてる訳じゃ無いなら、僕は君を、君という存在を消す。
有栖川 琉華
有栖川 琉華
…嘘つき…((ボソッ
そう言って僕は走った。
あなたの顔が見えなくなるまで。




























*  *  *
あなたside
琉華が、私の事を「嘘つき」と言ってから、5ヶ月。
あなた

はぁぁぁぁ…

もう、どうしよう…








「空を見て。」






確かにそう言われた。
嫌な予感がした。
なのに、空を見てしまった。
まるで誰かに操られるように。
あなた

あ、おい…

見た空は、とても澄んだ青い空だった。
その時。
ガクンッ──
世界が揺れた。…気がした。
揺れたのは世界じゃなく、私だった。
胸が苦しい。
呼吸困難になる。
誰か、助けて。
そう思った直前、世界が真っ白になった。
真っ直ぐ広がる、白の世界。
見渡す限り、白。
白。





しろ。




シロ。
???
ねぇ、ねぇ。
誰?私に話しかけるのは誰なの?
???
君だよ、きーみ!
本当に誰?
振り替えってみて其処そこに居たのは──
???
???
あハ♪やっと気付いてくれタ♪
ガスマスクを着けた女の子。
その女の子は、とても華奢で小学1年生位だった。
あなた

貴女あなた…誰?

???
???
わたシ?わたしはBailey*ベイリー*だヨ♪
Bailey…外国人の名前…?
Bailey…!聞いたことがある。
私は、よく、ゲームをする女子で名前に困っていたことがある。
そのときに英語の名前を着けたんだった。
Baileyって名前じゃないけど、意味は見た事がある。
意味は…執行人。
執行人の意味は、「死刑執行人」の略。
じゃあこの子は、命の執行人なの?
ずっと、ここに居たの?
一人で。
あなた

Bailey…

???
???
どうしたノ?あなた!
寂しかったね。
辛かったね。
もう…
























あなた

休んで──

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

















        次回 わたし、寂しかったんダ…